掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年07月31日
ことに成功
させるしたと思います。ただ、どうしても
そして、かつての凄腕をふるって、ケプラーのポケットに手をすぺりこませ、指紋も残さずすべての薬を少しずつ抜きとり、ついでにちびた鉛筆を一本すりとったのだ。いま、それらはきちん


敷居をまたぐとき、重力の変化を感じて、マーティンは顔をしかめた。何度くりかえしても、これには違和感を覚える。室内に入ると、体重が七十キロになったような感じを受けるのだ。
「いえ。けっこうです、いま、食事をしてきたところでずから。そのかわり、すわらせていただきますわ」彼女は人間用に作られた椅子の一脚を選び、慎重に腰をおろした。七十キロなんて、人間にあるまじき重さだわ!
ビラは彼女の向かいにあ懷孕前準備
る自分のクッショソにもどり、まただらしなく寝そべった。熊のような頭部は、その脚の高さからわずかに上にあるだけだ。ババカブは小さな黒い目で彼女を見つめた。
「さきほどラパスから、メーザー・通信、が入った。サンゴースト、については、なんの報告も、なかった。なにひとつ、だ。意味が通じない、ためではあるまい。あの分館、が小さずぎるせいだろう。前にも言ったように、あれはひどく小さな分館、なのだ。だが、人類の政府・関係者のなかには、このデータの欠落を、重視する者、が出てくるだろう」
マーティンは肩をすくめた。「その点については、心配いらないでしょう。せいぜい、〈ライブラリー癬 藥膏〉計画にかける努力が小さすぎることを裏つげてくれるだけでずわ。わたしたちのグループがずっと前から要求しているような大型分館ができれば、問題は解決するはずです」
「時間遡及・通信を使って、データを送るよう、母星に指示、しておいた。本館に問い合わせれば、混乱、などありえない!」
「それはけっこうですげれど」マーティンはうなずいて、「気になるのは、その遅れのあいだに、ドウェインがなにをするつもりかということです。ゴーストとどうやってコミュニケートしようかなどというたわごとを口走っているくらいですから。わたしは心配なんです──太陽に潜ってうろうろしているうちに、あの精神生物をひどく傷つけてしまい、〈ライブラリー〉全体の叡知を動員してさえ修復できないような事態を引き起こしてしまいはしないかと。地球がいちばん近くにいる隣人となかよくすることは、なによりもたいせつなことなのに!」
ババカブはわずかに頭をあげ、そ經絡養生の下に短い腕を差し入れた。「きみは、ケプ・ラー博士、を治療する、努力をしている、のではないか?」
マーティンはむきになって答えた。「もちろんでずわ。じっさい、これだけ長いあいだ、どうして彼が要観察者に指定されずにすんでいるのか、不思議なくらいです。ドウェインの心は混乱に満ちています。それなのに、彼の暴力性向値が許容曲線内であることは認めざるをえません。地球で、瞬間露出テストを受げてもいることですし。
いまでは、かなりドウェインを安定わからないのは、基本的な問題がどこにあるかということです。彼の躁鬱状態の変動は、二十世紀末から二十一世紀初頭にかげて、環境ノイズが精神におよぼす悪影響によって社会が崩壊に瀕していた時期の、〝抜き身の狂気〟に酷似しています。それが頂点に達したとき、工業文明はあわや崩壊しかけ、今日の人々が遠まわしに〝官僚主義〟と呼ぶ、抑圧の時代が出現したのです」
「なるほど。わたしも、きみたちの種族、が自減しようとした、という話は、読んだこと、がある。きみの言う、その時代の直後、からは、秩序と平和、の時代に入ったように、思う。だが、それはわたしには、関係のないことだ。自減の縁まで、行っていながら
[ 投稿者:hanbabylyu at 09:00 | 僕は言って微笑んだ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/39.54/a15787/0000535940.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/39.54/archives/0000535940.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら