掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年07月07日
恍惚醒來,已是半生
慢煮一次生活,慢搖一窗光陰,看過那快節奏的熙來攘往,漂泊了太久的心,灰濛濛著歲月的視線,悄然無聲間,憶走遠,念已淡。時間長風,吹過了北國

風光,吹過了江南煙雨,吹散了皚皚白雪,吹動了烏篷船,也帶走童真的日子,帶走了似水流年。 “林花謝了春紅,太匆匆。無奈朝來寒雨晚來風。”半

生醒來,已是中年。

日子過的真快,自己感覺還沒長大,孩子們的身高標記,塗鴉了滿牆,一道道,一截又是一截。還未弄清生命的真正意義,歲月收納了年輪,恍恍惚惚,大

半光陰溜走,我已半生。到底是怎麼回事?唏噓不已一響,遷徙的鳥兒,一次次更換了新衣,感言著四十不惑,恍惚醒來,已是半生。

兒時盼望著早些長大,盼望著過年,如今卻不怎麼喜歡,也不願提及年齡,忌諱一些“衰落、蕭瑟、滅亡”之類的詞語。只想糊裏糊塗,周而復始著,做著

那些忙也忙不完的瑣碎事情,便是閒暇之餘,也不願去打牌,不去湊熱鬧。

旅途中,偶爾增生的薄情與寡義,一次次深刻,一次次理解著,於是學會了保護,遠離了笑語喧嘩,跳出了熙熙攘攘。留一點時間靜靜地思考,把握些許彩

繪,描繪半畝花天錦地,於紙上。只是為了留住一些清輝,陪伴身旁,即便半夜醒來,窗前依舊是皎潔的月光,什麼也未走遠,還在眼前。

時不時,想起單純的童年,那一片湛藍,一群泥鰍般的孩子們,逮蛐蛐,捉螞蚱;山澗抓魚,摸蝦;爬樹掏鳥窩,摘槐花……如此美好的回憶,從來都是回味

無窮的卷語。偏離了高山遠黛的清幽,徹底忘記了小橋流水的素淨,在人頭攢動的湧流中,披星戴月,摸爬滾打,為了生活,馬不停蹄,逆水行舟著,一團

污濁加身,夜幕降臨時,怎就,多了些不知所措!

半生醒來已中年,無暇看書看報,無心湊熱鬧,感覺一夜醒來,花已敗,葉已衰,風已冷。“流光容易把人拋,紅了櫻桃,綠了芭蕉”,飄搖的種子,希望

找尋一片瓦藍,一些透亮的地方,釋放歎息的語氣,可以舒展開來,坐臥簡單。

曾幾何時,走在車馬喧囂的路上,猛然間,回頭已是半生。回憶的沙漏,流香了童年的列車,卻不知不覺,忘記了微笑的密碼,從來都是言不由衷,打不開

的從前,回不去的初夏。早生的華髮,染下了容顏遲暮,年輕已是奢侈的回憶,故土的味道已是遙遠的遊子夢。韶華易逝了流年,抓不著的日夜,半生年華

悄然遠走,隨即老去。

恍惚醒來,已是半生,什麼時候明白了,功成名就是雲煙,富貴榮華便是塵土。都是凡夫俗子,難免入了俗世,總也放不下,捨不得,看過的那些景致,熱

淚盈眶著,惹了雲霧繚繞,感慨萬千,終究是它們美了日常!
[ 投稿者:aoejidlq at 22:43 | aoejidlq | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年06月29日
嫌われる親でも仕方ない
地下鉄内で、シャカシャカ入力は内容が薄いようだ。
しかし、脂汗を垂らして、うんうん力んでも、イマイチの時はイマイチ營養補充品
するっと力を抜いた、なんでもない一瞬に真実が宿ることもある。

Aさんと地震の時の話をした。
電車が駅のスレスレ到着寸前で止まり、乗客は線路に降りたそうだ。
Aさん、JRだったため、全線ストップ。
お茶飲んだり、ウロウロした後、近くで通勤途中で足止めされていた娘さんと落ち合い、ランチ痔瘡手術復發
その後が圧巻。なんと娘さんと父娘で神社にお参りに行ったそうだ。
近くにいた人に、父娘ツーショットを撮ってもらったとか。
なんと仲良し、羨ましい、微笑ましい父娘だろう。
父親を生理的にも生活習慣的にも嫌う娘さんが多い中で(うちも最たるもの)、稀有な父娘関係だと感じる。
しかし父親Aさんには悩みがあり、娘さんがお父さんが好き過ぎて結婚しないそうだ政府資歷架構認可課程
典型的ファザコンか。
それもなあ、と、Aさんは嬉しい反面、少し反省しているとのこと。
贅沢過ぎる悩みに、でも、少し心配な、親離れ、子離れが出来ていないのかも知れないと思ったり。

そう考えると、親や実家が嫌いで意見が合わず、独立していくのは、ある意味、頼もしくもある。
嫌いで結構、コケコッコー。

親は嫌われて、ナンボ。
どんなに愛情をかけても、甘過ぎるのは問題がある。
そこそこ、シラけた親子関係で、まあいいか、と、自分を慰め納得させる。
[ 投稿者:aoejidlq at 12:49 | aoejidlq | コメント(0) | トラックバック(0) ]