掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年07月19日
てみますか
まったくもって商売っけがないって言うか、俺には全然なついてこないんだよ、このオンナ」
とホンジョウはさらにだめ押しでぼやく。

そこまで言われちゃあオマエ、だんどってやるてえのが義理ってもんじゃないの?
ホンジョウくん?」
とマスターは早くもそっちの味方かよ?と言った具合だ。

だんどるねえ?」
と言いいながらホンジョウがふと奥のカウンターの席に目をやるとそこには黒ずくめスーツの怪しい中年のオトコが彼に向かって親しげに微笑みかけているのが見えた。
どうも???」
とホンジョウが頭を下げるとそのオトコも軽く会釈をし、グラスを上げて乾杯のポーズを取る。

ああ紹介するよ。
この人、イナガキさんって言って???、今は探偵やってる怪しいオヤジ。
俺が劇団にいた時一緒にやってた仲間」
とマスターはホンジョウとモトコにそのイナガキと言うオトコを紹介する。

た、探偵さん?」
とホンジョウはびっくりしたような表情で、
いやあ、俺初めてですよ。
本物の探偵さんに会うのって」
と言いながらも友人のような気軽さでイナガキに握手を求める。

どうも」
とイナガキも軽く会釈をしつつホンジョウの握手に応じる。

へえ〜、あたし一度でいいから探偵ってやってみたかったんですよねえ。
面白そうだなあ?探偵って。
でもやっぱり大変なんですよねえ?探偵さんの仕事って」
と今度はモトコがカウンターに乗り出すようにしてイナガキにそう尋ねる。

いやあ、最近は浮気の調査とかばっかりでね。
まあ、体力さえあれば誰にでも出来ますよ」
とイナガキは半分照れたような笑顔でそう答えると、なんと彼はいきなり、
そうだ、一度やってみますか?
ウチの事務所で」
とお気軽な口調でそうモトコを誘ってくる。

ええ?嘘。
本当ですか?って、いきなりは無理でしょう?
で、でもなんか???、やれるんだったらなんかちょっと楽しそうかも」
とモトコはどうやらマジでその気になっている。
[ 投稿者:linhan516@yahoo.com at 13:17 | hufdyusj | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年07月05日
湯を全開で溜め始
とヒカルは言って見るからに作り笑いの(思い切り口を横に広げた)福娘のような笑顔でその場を立ち去ったSmarTone 上網

な、なんなんだ?あの馴れ馴れしい態度。
アイツはわたしを、な、なんだと思ってるんだ?
それにしても驚いた。
こんな仕事をしているとCAなら誰でもこんなアクシデントに出くわすのだろうが???。
例えば昔の彼が自分のフライトに搭乗して来るとか?
初恋の人とか?
最悪、大嫌いなストーカーのヤツとか?

でもヒカルにとってリュウイチとはなんなんだろう?

大好きな親友の旦那さん?
それだけ?

チキンかビーフはどちらに東芝 冷氣機的製冷能源效率較高。?」
と相変わらずよそよそしいヒカルに、
フィッシュで」
とリュウイチはまたもからかうかのようにそう答える。
すいません、本日フィッシュはちょっと???」
じゃあ、ポークで」
あ、あの???、それもちょっと今回は」
あのさあ。
チキンかビーフって発想ってやっぱアメリカンだよねえ?
上海便なんだからさあ、かに玉か餃子では?とか???、そう言うのか考えてないのかなあ」
はあ。
では今後の参考にさせていただきます。
ところで本日のところは、チキ???」
ヒカルちゃんの大好きなチキンで」
承知しました」
と言うか何ともやりずらいと言いましょうか。

それからヒカルはなるべくリュウイチのいるエリアを避けていたおかげで、その後は彼と妙な会話をすることもなく無事上海に到着することが出来た。
上海に到着後そこで1泊し、翌日の午後便で帰る予定だったヒカルは空港からタクシーに乗り、その日の宿泊予定先のホテルへと直行した。
上海にはもう5度目と言うこともあり、プライベートでは特に見る所もないと思っていた。
ホテルは上海東部の浦東に位置する中心部から30分ほどの所にあるルネッサンス上海浦東SmarTone 續約

いちおうはマリオット系列。
あまり派手じゃない感じの???、とりあえずは高級ホテル?なんだろう。
交通の便があまり良くない分落ち着けるエリアに位置するそのホテルをヒカルはそれなりになんとなく気にいっていた。
今回でここに泊まるのは2度目。
前回来た時に行ったホテル内にある上海バーにでも後で行ってみることにするか?
夜は寝るだけで特に出かける予定もない。
ヒカルはホテルの部屋に着くなりバスタブの湯を全開で溜め始める。
湯船に浸かって最低でも30分はむくんだ足のマッサージだ。
慣れて来たとは言うもののこの仕事はやはり身体にくる???。
30路を過ぎたら続けるのもちょっとキツいかもなあ?
なんていつもお世話になっている先輩の顔が思い浮かぶ。
それにしてもバブル入社組の先輩たちは派手だ。
自分たちのCAとしてのステイタスにもプライドを持っているようだし、その点でわたしたちポストバブル組は大分冷めているのかもしれない。
[ 投稿者:linhan516@yahoo.com at 12:44 | hufdyusj | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年06月12日
飛び跳ねるよ
と言ってわたしはそれ以上その内容についてマスターに語るのはやめておくことにした浸大工商管理
そしてそこにあえてこれと言った理由などはなかった。するとわたしは、それからすぐにこの状況を客観的に見ている自分に気づく。

確かに・・・、そうだ、待てよ。
自分たちはなんでまたこの世界に来るにあたり数日、いや正確には3日ほど未来へと飛んでしまったのだろうか?

そこにはなんらかの意味があるのではないか?

そんな疑問がふと自分の脳裏に浮かんだ瞬間だった、わたしがふとヒカルの方を見ると、彼女もまた何か言いたげな様子でこのわたしを見ていた。
そしてその彼女の口許には何か、ひとかけらの希望への兆しのようなものを見て取れた気がした浸大工商管理

フィオレンテ?」

そうわたしとヒカルの唇が一瞬重なるようにして動き、ふたり同時にそうささやいた。

と、その時だった・・・、わたしは再び遠い記憶の彼方へと意識が押し流されるのを感じ、そのまま例の、あのブラックアウトがこのわたしを襲った。

それから次にわたしの意識が戻り始めたと気づいた時、わたしはうつ伏せの状態で何処かの部屋の布団の上にいるようだった。
そして再び数秒ほどの記憶喪失状態の後、わたしは緩やかだが完全に意識が覚醒するのを自覚する浸會大學BBA


ここは・・・?

と、その瞬間わたしはガバッと飛び跳ねるように起きると、自分の置かれている状況を把握するため辺りをゆっくりと視線を凝らし冷静に見渡す。

するとそこは、わたしがこちらの世界でユナと訪れた草津の宿の部屋にまちがいなかった。

それからわたしは思い出したようにテーブルの上に置かれていた自分の携帯を手に取ると、すかさずその画面にあるその日の日付を確認する。
[ 投稿者:linhan516@yahoo.com at 13:18 | hufdyusj | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月31日
来れないって


続きを読む ...
 
[ 投稿者:linhan516@yahoo.com at 13:02 | hufdyusj | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月19日
環境を経験して
まあ、精神修行で山にこもっ大腸癌 標靶藥たりとか、そこまでのひとりでの瞑想を極めたわけじゃないんで、その次元での話はちょっと出来ないんだけど。
って、そうは言っても瞑想の極みって言うのも何か霊的なものとの交信って意味では絶対的な孤独って言うよりは、逆に全体性みたいなものとのふれあいとも言えるわけで、つまりひとりを極めての多って言うか?全体と交わる?みたいなね」
ああ。
ちょっと俺、オマエの落としどころが正直見えないんだけど」
だからまあ、ここからが核心なんで聞いてくれよ。
結局、俺らがこの3次元の世界で生きている以上は常になんらかの煩わしいと思う何かと関わっていかなきゃいけないって言うか、人間ってのはそもそもそういう生き物なんじゃないかってことで。
まあ、言い換えればそうだなあ?
つまりいけないって言うよりもそう、そうやって関わって行くことで面倒くさいと同時に楽しさや感動なんかのドラマがついて来るって言うか、ほら俺らももう半世紀近く生きてきて、なかなか面白いことに出会えるってのも減ってきてるじゃない。
いろいろやってき過化療護理ぎたせいもあってまあ、感動が薄れてきちゃったってのもあるんだろうけど。
何やってても人生、所詮暇つぶしなんじゃないか?なんて思っちゃったりもしてさあ。
でも、それって自分で自分の世界を狭めてるだけって言うか、その時の心地いいことばっかに行き過ぎて自分だけじゃ気づかないものを逃してるってのもあるんじゃないかってことで。
もちろん結婚や子供を持つこと?なんてのもそうなんだろうし。
まあ、その辺からはいまだに逃げてるのかもしれないけどね、俺は。
って、つまり俺が言いたいのはさあ???、オマエがこのシェアハウスを始めたってのがすごくわかるってことなんだよ」
はあ?
しかしまあ、随分と回りくどい言い方をしてくれたけど???、とりあえずご賛同をありがとう」
俺は昔大家族みたいな環境を経験してるからさあ、なんとなくその懐かしさってのもあるんだろうけど、まあそういう新しい擬似的な家族みたいのもいいんじゃない薑黃素 功效
のかなって、そう思ったってこと。
人はどんなに心地よくても???この世界では結局ひとりじゃ生きられないってことだよ。
まあさっきも言ったけど、山に修行でこもるなら別かもしれないどね」
とホンジョウはそこでとりあえずその取り留めのない持論を締めくくったようであった。
[ 投稿者:linhan516@yahoo.com at 12:42 | hufdyusj | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月10日
ポーツジムっ
タイミングや時間とかの問題居二按揭って、結局わたしたち人間がこの次元に生きているもっともわかりやすい制約って言うか、それがあるからこそわたしたちのいろいろなドラマなんかが生まれて来るわけでしょう?
わたしは今むしろ今魚肝油 丸世に生まれて来ている間はそれを楽しむのがまあ、一種の醍醐味?ぐらいに思ってるんですよ」
はあ。
ってまた随分とでっかく飛びましたね?」
そう?
わたしたち人間はこの世で生きて、そして老いて死ぬ。
特にわたしたちオンナは、子供を産む、もしくは産まない、なんて言う大きなイベントも含め、その時間やタイミングと言う流れの中でそれらの大事なテーマを選択し続けなければならないわけですよね?
そしてそんな、現世の基本的システムそのものは変えられない。
わたしはただそう言った大きな流れそのものは変えられない中でも出来る限りポジティブな選択をしてゆくつもりではいる。
その中でまた、その大きな要因とも言える人と人との出会いって言うもの、その中でもより大切とも言える男女の出会いってものにはかなり大きくそのタイミングや流れ?みたいなものが関係しているとわたしは思っているん大腸癌 標靶藥
ですよ。
つまりそのう、なんて言うのかなあ?
大事な出会いほど、事実そのタイミングや流れそのものに左右されうるって言うか」
う〜ん。
ヒカルさんの言いたいことはなんとなくはわかるんだけど。
でもやっぱそれって、ヒカルさん、なんかかなり運命論者っぽく聞こえるなあ?
わたしはまあ、どっちかって言うと運命は切り開きたい方だからね」
まあ、そうかもしれないですね?
わたしがホンジョウさんのことについて、かなり運命的に考えてるからそうなっちゃうのかもしれない」
と言ってヒカルさんはジンのロックを一気に飲み干し、小さなため息をついた。
それにしてもDVDとかで1度発売したのになかなか廉価版とかが出ないのがあるだろ?
俺ずっと『ジェイコブズラダー』の廉価版出ないかなあ?って待ってるのにこれが出ないんだよ。
エドリアン?ラインはやっぱあれとナインハーフが最高!
あのぶっとんだ感じはドラギッシュの極みって言うかさあ、ってエドリアン?ラインって最近どうしたんだろうねえ?
あの当時はカッコ良かったんだよね、あの感覚が」
とナカバヤシの話は、エロから映画へと急に飛んだ模様。
エイティーズね!
それを言ったら、俺が今1番見たいのは、『湾岸道路』って言う邦画でさあ。
片岡義男原作、東陽一監督の角川映画だったと思うんだけど???、草刈さんと樋口可南子が出てる恋愛映画でね。
これがもう最高に軽薄でカッコいいんだ。
草刈さんがジムのインストラクターやってて、ああ、その80年代前半ぐらいはスポーツジムってのがまだ日本では高級って言うか?贅沢なところで???、もちろんジジ、ババなんかはいなくて、そのインストラクターってのもステイタスがあったみたいなんだけど。
とにかくカッコいいわけ。
樋口可南子が草刈さんの奥さんなんだけど、ただオシャレして遊んでるだけでもって、クールでモラルなんか全然なくってさあ。
長門裕之が演じる政治家の先生なんかに見初められて、体売っちゃったりするんだけど、それを草刈さんが、『好きにすればいい』なんか言っちゃってね。
[ 投稿者:linhan516@yahoo.com at 12:58 | hufdyusj | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月28日
地震でまた新し
それにしてもこれはNeo skin lab 介紹人???、どう考えても遊んでるのはユナの方だろう?
と思いつつ、いえ、もちろん喜んで遊んでいただいているのはわたしです???、そう謙虚にその状況を受け入れている自分がそこにいた。
その夜、波照間ジェシカは赤坂のある料亭の一室でジンナイショウタロウと会っていた。

ジェシカは目の前に並べられた彩り豊かな会席料理にはいっさい手もつけず、このタイミングにこんなところで贅沢にくつろいでいる自分の状況に居心地の悪さを感じていた。

彼女が呑気にこんな所にいる間にもフクシマの放射能漏れは刻一刻と拡大している???、そしてyou beauty 陷阱また次の水素爆発がいつ何時起こるとも知れないのだ。

ねえ、パパ、今回はいつまでいられるの?」
と言いながらジェシカはジンナイのグラスに追加のビールを注ぐ。
明日の午後にはもう上海だ。
もう少しゆっくりしたかったんだけどな」
と、ジンナイはコヒーバの煙を口許からゆっくりと吐き出した。

そう、それでパパが今回日本に来たのは???、やっぱりこの地震に関係することだったんでしょ?」

と、ジェシカは彼の顔色を伺うかのように視線をチラッとだけ向け、すぐにそれをまた自分の手元のグラスへと戻した。
その瞬間ジンナイの顔の表層で何かが弾けたような振動があったのをジェシカは見逃さない。

今回の地震は大変だったな。

オマエの友人なんかは???、みんな大丈夫だったのか?」
ええ、とりあえず今のところ」
そうか。
日本もこれからは大変になる」
と言ってジンナイは眉間に帶氧運動深い皺を寄せた。
その皺の深さには彼が今まで歩んできた人生の楔が刻み込まれている???、そんなことをジェシカは考えていた。

まあ、日本がどうなろうが???パパには関係ないんだろうけど」
おいおい、それは随分な言い方だなあ」
そうなの?
じゃあ、今回の地震でまた新しいビジネスにでもありつけそう?
なんてことじゃないの?」
とジェシカはジンナイに素っ気ない。
相変わらずだなあ。
オマエってヤツはまったく」
とジンナイはジェシカから目をそらし、ゴホッと咳き込むようにして笑った。

パパ、わたしが今何をしてご飯を食べてるのかは知ってるよね?
[ 投稿者:linhan516@yahoo.com at 12:32 | hufdyusj | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月21日
潜望鏡を優し
それから続いて写し出されたのは、JRの脱線した映像?
よくわからなかったが、場蔡加讚所は新橋か?有楽町のようでもある。
震源地は神奈川県内のようですが、正確な場所はまだ特定されていません。
その規模は、おそらくマグニチュード8.0???とのことです」
をアナウンサーが何度もオウムのように繰り返している。

な、なんなんだよ?
こ、これは」
と思わずわたしは成立公司
誰にと言うのでもなく、ひとり言のようにそうつぶやいていた。
みんな、それにしても運がよかったわよ。
このタイミングで沖縄なんかにいるんだからね」
と民宿のママのサキさんが眉間に皺をよせながらそう言った。

俺たちもしばらくはトウキョウに帰れるかどうか?
だよな????
関東方面へは携帯も全く繋がらないし、どうやら羽田空港は完全に津波で崩壊。
水没しらしいよ」
とナカバヤシがダメreenex 好唔好押しのフォローを入れる。
ま、まさかとは思ったけど???、首都圏直撃???とはね」
とマキも引きつったような今にも泣き出しそうな表情をしている。
トオルはそのまま放心したようにコメントも出来ない始末だ。

わたしがふとヒカルの方に目をやると、彼女は天井の何処かを見るようにして何か別のことを考えてるようだった。
そして思い出したようにわたしの方に振り返ると、
ナオキ、おそらくこれには???。
これにはきっと何か意味があるわ???、何かきっと」
と言い、
な、何かって?」
と聞き返すわたしに、
だ、だから、わたしたちが今ここにいなければいけなかった、その何かよ」
と、それ以上はアナタが考えて?とでも言いたげな目線でこちらを見た。
おお???、といきなり不意を憑かれ、不覚にもその一瞬の情景反射に抗うことも出来ぬままにわたしのソレは潜望鏡のごとく水面を割るようにして顔を出した。

それを見たユナは、いつものちょっと意地悪そうな笑みを口許に浮かべ、そのままわたしのいる湯船の中へと侵入してくる。
そしてそのまま彼女はその潜望鏡を優しく両掌に包みこむと、今度はそれをまるでソフトクリームを優しくなめるかのようにしてゆっくりと口の中に含んだ。
そしてわたしは目をとじ、意識をその一点に集中しようと試みる。
目を閉じた暗闇の中で、その繊細に上下する舌触りをわたしは全身で体感している。
副交感神経と交感神経との絶妙なバランスにより、わたしはそのまま脳天がまっぷたつに開かれたようなトランス状態へと突入していた。
[ 投稿者:linhan516@yahoo.com at 13:13 | hufdyusj | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月24日
やたらと高
翌朝10時半過ぎ頃によう未補地價やく二日酔いの頭を叩きながら起き出したわたしとヒカルさんは、その後順に顔を洗って歯を磨くと、ふたりとも髪もまともに乾かさずに寝ぼけ眼のまま1階のリビングフロアに下りた。

おはよう!」
そうさわやかに言うチハルは朝から元気いっぱい、暖炉への薪を入れながらこちらに手をUnique Beauty 好唔好振る。
このオンナ、昨日の酒は全然残ってないのか?
やはりなめられん。
おはよう。
ねえチハル、それにしてもアンタ随分元気ねえ?」
そう?
ああ、そうそう、近くに美味しいコーヒー屋さんがあるからさあ。
どう?朝食も兼ねて」
いいね。
りょ〜かいです」
とはもるように言ったわたしとヒカルさんは正直二日酔いのせいでややテンション低めだったのだが、目の前のチハルのパワーに圧倒され、なんとかふたり気合いを入れ合いながら、すぐに着替え出かけることにした。

チハルの別荘を後にそそくさとゲレンデに乗り込んだわたしたちは、ほんの5分ほどでそのコーヒーが美味いと言う神山珈琲館に到着。
さすがにこの辺は土地も安いのか、そのやたらと広い店内のセンターには馬鹿でかい観葉植物を囲んでの円形の大きなカウンターテーブルがあり、窓際 には4人がけのテーブルが数卓、そしてその反対側キッチンスペースの手前には横長のカウンターがある、なんて具合の店舗構造で天井もやたらと高く豪華な喫茶店と言うよりはギャラリー?美術館?そんな印象の珈琲店だった。

わたしたちは店に入るなり中央の円形カウンター席に横並びに座り、しばらくの間わたしとヒカルreenex 好唔好
さんはキョロキョロと物珍しそうにその広い店内中を見回す。
と、ふたり偶然にもほぼ同時のタイミングでその一角に置かれた巨大なアメジストのジオードのような置物に目が止まった。
[ 投稿者:linhan516@yahoo.com at 18:18 | hufdyusj | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年02月10日
ついているか
自分が幸せになれる道を模卓悅假貨索して、そして選ぶといい。誰もキミを責めないよ。キミはよく頑張った。もうキミも東雨宮から解放されていい時期だ。」
葉月はその言葉に、ザンを見た。
ザンも静かに葉月を見返す。
あっけない幕引きに、全てが終った実感はなかった。
電話を切り、葉月とザンは抜け殻のように呆然とテレビの画面を見つめていたのだった。

その後。
生中継で5時間行われた番組が終わり、夕方のニュース、夜には特番が組まれ、牧はずっと出演し続け、一日にしてすっかり国民的英雄の扱いだ。また、夕方のニュースでどの局も大々的にこの事件が取り上げられていた。この事件は、ノア号サバイバル事件』カエルム計画事件』などと呼ばれ、源一郎は雨宮容疑者と呼ばれるようになった。
全て敦たちの綿密な計画通りに事が運んだのだ。
星村苑に所有していたい楊婉儀幼稚園 拖數くつかの別荘は全て売りに出されており、この別荘も栄太の名義に変更されていた。もちろん栄太は雨宮から元の千寿に姓を戻しており、ここにマスコミが押し寄せて来ることもなく、葉月とザンはここで息をひそめて生活していた。
途中、仲間達が顔を見に来て数日滞在して行ったが、それぞれやることがあると東京に帰って行く。だが敦は訪れなかった。
事件当日から1ヶ月たち、葉月はやっと決意した。
私、母を迎えに京都に行こうと思うんだ」
朝食の片付けをしながらザンに言うと、ザンは小さく頷いただけだった。
送って行こう。」
ありがとう。」
葉月はカナンの元住民や東雨宮一族の恨みを買っている可能性もあり、危険がないとは言えない。その申し出はありがたく受ける事にした。
ザンはこれからどうするの?何か考えてる?」
葉月が首を傾げながらザンを見上げると、
お前次第だ」
そう言われて、葉月は食器を洗う手を止めた。あえて、考えないようにしていた。
今はザンとは完全なる同居人で男女の関係にはない。ザンも葉月に対しにて何も求めて来なかった。
ザンはどうしたいの?レイチェルのことはどうするの?」
どうするとは?」
イギリスに行かないの?」
行ってどうreenex cps價錢
する。蓮がついているから大丈夫だ」
そうじゃなくて、レイチェルのこと、もういいの?」
もう昔の事だ。」
静かに言うその表情はとても落ち着いていた。
レイチェルはああ言ってたけどね、きっと過去の事全部演技だったわけじゃないと思うよ」
ああ」
うん」
[ 投稿者:linhan516@yahoo.com at 11:13 | hufdyusj | コメント(0) | トラックバック(0) ]