掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年11月07日
高所得・高負担という因果関係か
高所得・高負担という因果関係から脱却するには「損益通算」が有用なのだが、飛躍的に資産を拡大させていくためには、「所得課税」からの脱却だけでは物足りない。投資元本を他に移転することにより収攬される「キャピタルーゲイン」という「資産課税」の因果関係にも精通していかなければならない。特に土地・建物等の不動産の譲渡に伴うキャピタルーゲインには、「所得課税」における超過累進税率や法人実効税率とは比較にならない苛斂誅求を極める高負担な「超短期重課措置」や「短期重課措置」という結果が待ち受けているため、益々タックスーマネジメントが重要となってくるのである。https://introdapp.com/taxation/
[ 投稿者:めいちゃん at 11:43 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/36.12/a00107/0000561813.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/36.12/archives/0000561813.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら