掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年11月30日
想像をされちゃ

ちょっと転寝していて、ふと気が付くともうテレビの録画が出来ない環境になっていました(夫殿が寝ていたので、テレビがつけられない)。

どれだけ狭い家なのかと言うような想像をされちゃうなと言う事はさておいて、そういうわけでリアルタイムで見ました。



今回も面白かったですね。溝端さんのお宅探訪。

5年ぐらい前に買って、あまり使われていないセカンドハウスの藤原さんのおうち泰國買樓・・・・・・と言う設定なのか、本当なのか・・・・・・

まあそこはどうでも良いのかな。



ボールプールでの長セリフの披露(情報公開前なのでドラムの音で消されていましたが)、凄かったですね。あれはやはり舞台のセリフでしょうか。

「忙しい中、よく来てくれたね。」とねぎらう藤原さん。

溝端さんは、「魔界転生」の舞台中なのだそうですね。

そこから続くマジメトーク。

「仕事ばっかりしている。こんなことでいいのだろうか孔聖堂中學banding。人生は一瞬。」また香川さんとの会話や柄本さんの会話を通して「表現してればいいと言うけれど、表現ではなく労働だ。」と言う事も。

私、彼の言葉を聞いていて、吉田拓郎の「襟裳岬」の歌詞を思い出してしまったのです。(私的にはやはり、これは吉田氏の歌でありまして。)

「北の街ではもう、」っていうやつです。

「わけの分からない事で悩んでいるうちに、老いぼれてしまうから・・・」



こんなことをしていていいのかなと思い悩んでいるうちに、皆歳を取って行ってしまうのですよ。それは凡人も、また天才と呼ばれている人も、そこは同じなのだと思います去頸紋

って、ついつい、私もマジメモードになってしまった(^_^;)



そして二人のカレーライスの作成シーンも楽しかったですね。

二人とも、豪快な男の料理とは全く違う感じでしたね。繊細で丁寧な感じ。



次回はもう一人ゲストが来るのでしょうか。

またまたそれも楽しみですね。



ニヤニヤと楽しみの連続と言う深夜の私。

ああ、だけど一番笑ったのは、やはりあの紙コップでしょうか。やっぱりあれでお茶は脳が混乱しますよね。絶対に美味しくは感じられないでしょうね。

同じ紙コップにメモリが付いているだけなのに、なんかそこは不思議な気がします^^



※ あまり説明もないスマホからの記事を投稿していましたが、三日間ほど旅行していました。京の街をバスで通過する時、四条を通りました。バスの中からじぃーーーっと見ていましたら、見覚えのある狭い路地を、パッと見つけました。たぶん、あそこ。

ちょっとだけテンションが上がった私です。
[ 投稿者:Ameliachen at 11:28 | Ameliachen | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/35.26/a16100/0000564418.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/35.26/archives/0000564418.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 6 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら