掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2005年07月07日
これは看板
2005-07-07-002.jpg

松本市内の国道143号線沿いの
和菓子やさんの看板が前から気になっていました。
遠くから見てもちゃんとまんじゅうに見えるし
駐車場がないのでただ通り過ぎるだけでした。
今日は勇気を出して
近所の中古車屋さんに無断で車をおいて
じっくり観察してみた。
そばまんじゅうは発砲スチロールで作ってあって
他のは?よくわかりませんがおばちゃんが
雨が降るとこまめに取りこむ姿も目撃したことも
あるから大切に使っているらしい。
なんだか気になった看板でした。
[ 投稿者:花 at 15:51 | 街の中 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年06月14日
これって?
2005-06-13-018.jpg

古家プロジェクトの現場の天井です。
なんだか
微笑ましいモノだけど・・・
昔の人はかなり危ないことを
していたんだなって解ります。

電球

続きを読む ...
 
[ 投稿者:花 at 16:38 | 街の中 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年06月06日
Studio aula のイベント
昨日私たちはケンちゃんとイベントの打ち合わせをした。正直に言うと(言わなくても)私たちは
セントラーデサロンの活動のおかげで出会うことが
出来てこの街の皆様の中で
パーティーが出来ることを本当に嬉しく感じているのだ。
イタリアーに行って孤独を楽しむことを覚え
離婚して行ったり来たりを続けて
も少しでアメリカに行くところだった私・・・
それから
数年前まで孤独の中にどっぷりつかっていて
図面を書いたり小説をかいたりしていたが
結局の処人と会わなければ
何も生まれないのだと気がついた。

ワイン

続きを読む ...
 
[ 投稿者:花 at 23:05 | 街の中 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年06月04日
不気味な会合?
2005-06-04-002.jpg

セントラーデサロンの時をきざむもの展
の打ち上げをしました。

今回のイベントは収支は涙;;でしたが
地域の人たちとの繋がりを感じた
素敵なものになりました。
実際
山田万年筆さんや藤むらさんに観光客のかたが
訪れ買い物をしていったり
四葉

続きを読む ...
 
[ 投稿者:花 at 22:20 | 街の中 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年05月26日
PET


ペットのネコを飼いました。
言葉を覚えてその内投稿してくれるそうです。
たのしみです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:花 at 22:59 | 街の中 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ギャラリーって
今日はギャラリーの当番だったので
午後から静かな一日を過ごせるのかなー
っと思っていた。

がー、楽しい人がたくさんやってきてくれた。
その内の一人の方は音楽関係者らしい
60代くらいの男性で
100本フルートをコレクションしていると言っていた。
音符怒

続きを読む ...
 
[ 投稿者:花 at 18:37 | 街の中 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年05月25日
御菓子
2005-05-25-001.jpg

和菓子には季節感があることを
これを見てふたたび納得。

創作和菓子は藤むらさん作。
散歩していても何気なく通りすぎてしまう
お店の中にもいろいろな時を刻んで
その道を行く人が
いるんですね。
気づくことは素敵なこと。
[ 投稿者:花 at 21:56 | 街の中 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年05月24日
にわか職人の仕事
2005-05-24-044.jpg

ここは京都の某有名庭園です。
わたしがとびついた仕事は水辺の修復です。
石のラインと芝生のラインが竣工当時の図面と違って
いるのでそれを修復しました。

イタリアの美術学校では修復という仕事は
すごく価値あることだったので
やってみたかったのですが私はいつものように?
出戻りの指示ばかりだしてしまいちょっと
他の人たちを困らせてしまいました。
反省・・・晴れ

続きを読む ...
 
[ 投稿者:花 at 11:08 | 街の中 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年05月23日
「時を刻むまち 松本」展が開催しました。
DSCN29012.jpg

いよいよ「時を刻むまち 松本」展がギャラリー自遊石にて開催しました。まちの職人さん、作家さん、協力して頂いた皆さんには感謝感謝です。「もの」を見て頂くのは勿論のこと、「もの」ができる過程や昔ながらの道具も見て下さい。きっと感動すると思います。展示風景をワンショット。
[ 投稿者:花 at 00:23 | 街の中 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2005年05月19日
にわか職人を楽しむ。
2005-05-19-008.jpg

京都に庭園の演習に行く。
近代日本庭園の代表的作家小川植治の
庭に入れるのはうれしいけど
地下足袋が必至というので
履いてみた。

職業によって足袋の形も違うけど
園芸用のは15段も爪がある。
なかなか爪が掛からず悪戦苦闘する。
つくづく足が太い事に気がついた。
これは男ものだからに違いない?

履いてみると思わず『がってんでー』と
言いたくなってしまった。

他に手ノコギリとかを腰にぶら下げて
豆絞りの日本手ぬぐいをほっかぶりするのだ。
少しカイカン。
........................
[ 投稿者:花 at 20:55 | 街の中 | コメント(0) | トラックバック(0) ]