掲示板お問い合わせランダムジャンプ

ママに密着「 FM34.50MHz 」
ママに密着「 FM34.50MHz 」は
ヤフー知恵袋やブログの母乳育児情報をピックアップし
小雪のアドバイスを交えて発信しています!

2017年02月02日
健康は食べ物から
いかんせん、世の中の美味しいとされているタベモノは体を太らせ
肌を荒らし、便秘となります。体に悪いタベモノ。
母乳の質を悪くするタベモノ。

ビタミンやミネラルが欠如し食べ物ではなくタベモノ。
同じ音でも中が空洞なのです。現代の飽食は病気の元です。

妊娠・出産を機会にして、健康自分の体と本格的に向き合ってください。
[ 投稿者:小雪 at 10:37 | 小雪のつぶやき ]

2014年10月17日
栗は胸が張ります。
乳腺炎や母乳分泌過多のママさんはご注意食材です。
栗ご飯、美味しいですけれど晩ご飯食べるのはやめて
翌日の朝ご飯などにすることで夜中ガチガチになって…というような
トラブルは少しマシになります。
[ 投稿者:小雪 at 11:21 | 食べ物 ]

2014年02月03日
チョコレート
チョコレートが飛び交うシーズンになりましたが
母乳のためには控えた方が無難です。
チョコレートはおっぱいが苦くなるからと桶谷式で言われました。

代替えのキャロブチョコレートが自然食品店で売られたりしています。
風味もチョコレートによく似てて、思ったよりはチョコっぽい味です。
(キャロブとは、イナゴ豆のことです )
[ 投稿者:小雪 at 21:40 | 食べ物 ]

2013年11月29日
冬の母乳不足
1.冬は外気温が低く血流が悪くなる
2.水分補給が少なくなる

以上のことで母乳量の低下で悩まれるママが多いです。


しかもクリスマスやお正月などご馳走が続く行事も多く
詰まったり乳腺炎になったりとトラブルになることも。
[ 投稿者:小雪 at 13:42 | 食べ物 ]

2013年09月29日
ぶどう
ブドウが美味しい季節になってきました。
ブドウ狩りに行かれるご家庭も多いと思いますが
食べ過ぎは母乳の質低下に繋がります。

相当甘いですからね。
桶谷の母乳マッサージの先生に適正量を聞きましたら
「1房まで」それは悲しすぎる…

果物か果糖が多いですから母乳がドロッとした状態になってしまいます。
食べる量、気をつけてくださいね。
[ 投稿者:小雪 at 08:11 | 食べ物 ]

2013年08月28日
とうもろこし
夏のこの時期に1本100円程度で販売されている とうもろこし。
スイートコーンの名の通りとても甘いです。
糖質も多く含まれますので、食べ過ぎると乳腺炎のようになる場合も有りますので
気をつけて下さい。
[ 投稿者:小雪 at 23:19 | 食べ物 ]

2012年11月27日
授乳中、乳腺炎のときに飲む葛根湯について。
eemmvv29さん

授乳中、乳腺炎のときに飲む葛根湯について。
いろんな会社の葛根湯があるのでどれがいいのか迷っています。
市販のもので授乳中に飲んでいたという方がいたら
どこの会社名の葛根湯か教えて下さい。

ベストアンサーに選ばれた回答potion_dameさん

乳腺炎、辛いですね。
私は葛根湯は飲んだことが無いのですが、
おっぱいの調子が悪いなという時は
たんぽぽコーヒー http://www.e081.com/index.html
飲んでいました。
髙くて美味しくはないんですが、飲んだ次の日には楽になっていたので、
効き目はあったと思います。
でも薬ではないので、安心して飲んでいました。

食べ物に気を付けるだけでも随分違うので(脂っこいものは控えるとか)、
少し食事を見直してみられたら
いかがでしょうか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1497836354

続きを読む ...
 
[ 投稿者:小雪 at 01:19 | 乳腺炎 ]

2011年09月30日
「食と農の繋がり∼自然にそむかない食を∼」
私、小雪自身も自然の一部であり、地球に生きる動物です。
どの動物、植物、命はかけがえのない大切なモノです。
こどもを生み育て、自然な流れとして命は繋がってきました。
食生活が乱れた質問を見る度に早く気がついて欲しいと願うばかりです。




以下、一味同心塾館長 中村さんのお言葉です。

基調講演「食と農の繋がり∼自然にそむかない食を∼」
赤ちゃんの生後の「食」は母乳。
母乳というのは、自然界の命の始まりである。その母乳を現代の世の中では非常に面倒くさい、ミルクに切り替え楽をしたい。そういう風潮があるが、本来は、生物としてごく自然のなりわい。生き物にとって、次の世代を育ててゆく力を担っているは母乳であり、母親である。そこまで遡って「食」について考えたこと皆さんはあるだろうか。今はそういうことが忘れられているので命と自然のかかわりを理解してほしい。現実の「食」というものは、どういうものなのか。皆さんの「命」はどこにあるのか。そして、今、私達がおかれている状況はどういう状況なのか。私達の祖先民族は、地球の過去、未来を含めた時の流れの中でどれくらいの位置にいるのか。地球は、まだ赤ちゃんのような時期にあるらしい。地球はもっともっと未来を生きてゆかねばならない。息切れを起こしているような状態が地球温暖化、そして原発である。そうした状況の中で、私達人類はどのようにして生きてゆくべきかということを考えていかなければならない。

母乳とミネラルについて
母乳を赤ちゃんに含ませた時、どういう思いをされたか思い出して欲しい。乳に吸いついてごくごく飲んでいる赤ちゃんを胸に抱いてどんな喜びの未来を感じただろうか。その3ヶ月後、6ヶ月後と赤ちゃんは、健やかに育つ。生物はすべてに体内で抗体力をもっている。生まれる前の赤ちゃんをまもっている羊水には、海水に含まれているミネラルが含まれていると言われる。ミネラルは、体に害のある菌から守る抗体として働く。お母さんは病院に駆け込んで小さいうちから薬や注射で病気を治療することより、まずお母さんが健康な体で赤ちゃんに良い母乳をあたえてほしい。食育以前に、生物として本来持っている命への手応えを感じとってほしい。若いお母様には特にミネラルに関心を持っていただきたい。母乳には、このミネラルが含まれていて、その抗体力により体を整え、守る力になる。そして免疫となる食材は、自然の素材に多く含まれている。
[ 投稿者:小雪 at 15:36 | 食べ物 ]

2011年05月06日
母乳の放射性物質濃度
厚生労働省が、東京電力福島第一原子力発電所の事故に関連して、
母乳中の放射性物質濃度の状況を把握することを目的として、
「母乳の放射性物質濃度」調査を緊急に実施しました。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001azxj.html

こういう事は長期で経過観察していかないと分かりません。
将来20年後、子どもが大人になったとき、どうなるのか。
ただ、ダイオキシン問題の時もそうでしたから
母乳育児が危ないということには繋がらないです。
ミルクだって乳牛の母乳が原材料です。

厚生労働省の評価にもあるように、過度の心配はしないように。

母乳には栄養面等で様々な利点があることから、授乳中の方についても、過度な心配はせず、引き続き、普段どおりの生活を行っていただいて問題ない。
[ 投稿者:小雪 at 08:54 | 小雪のつぶやき ]

2010年07月13日
母乳が出るようになるハーブティー知ってる方、教えて下さい。
koraagen_puruhadaさん

母乳が出るようになるハーブティー知ってる方、教えて下さい。
サイトがあれば教えて頂ければ嬉しいです!
後、実際飲んで効果はありましたか?

ベストアンサーに選ばれた回答rocky703bさん
ハーブティーのサイトです。http://www.e081.com/
私はタンポポ茶を飲み始めて10日過ぎたくらいから完母でいけるようになりましたよ〜
おっぱい飲んでる姿ってかわいいですよね(o^∀^o)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1343618328

続きを読む ...
 
[ 投稿者:小雪 at 14:04 | 母乳不足 ]