掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

最初のメモ
ヘンな日本語があふれているブログであります。(/ω\)
リンクフリーです〜 バナーはお持ちかえってくたさい♪    dao_200x40  dao_88x31

2010年07月14日
やってみた!
先日友人からヘタリア同人作品のリンクは、湾ちゃん(=台湾)の話です。
原作は英語けど、なんがクォリティすごく高い。
こっちの人は繁体中国語に翻訳している、それとヤフー辞書によって、無理矢理に和訳しましたwww
マンガの部分しか、作者コメントの部分はさすが無理です(つД`)
英語と日本語両方は母語ではないで、あんまりきれいな文ができない、そして間違えるもあると思います…すこし大目にしてください(/ω\)
σ(゜∀゜の一言は斜体に表示しています。
 
 
【先史時代〜オランダ】
フォルモサ(???~1662)

長い間に、タイワンは遊牧の生活を送る楽しい南島の娘だった。

「さ・か・な〜ハッピー♪」
「イリア・フォルモサ」

初めてもらったヨーロッパ的な公式ネーム「ILHA FORMOSA」は、ポルトガルパパからもらったけど、パパはマカオへ行って殖民したら帰ってこなかった。(タイワンはこの名前をけっこう気になります)
ーー
「イリア・フォルモサと呼ぶよ」

ちょうど帝国主義がはじめた時代で、オランダさんやスペインさんいい人たちは、タイワンも彼らのアジア殖民地の一つ(と思います)。
ーー
「ぼくとハプスブルク家の光栄を君に与える」
"さぁ、このトマトも"

「ふむ…いいオトコけど、おかずじゃないもん」
「その毛からしい顔でよるな!っで、とまとでなぁに?」

"こら!オレが先に来た!かえせ!"
"オランダ人"
ーー
目立ちな髪色と輸入してトマトという邪悪な野菜のため、タイワンはあいつらを「赤毛」と呼んでいる。
(赤毛=紅毛、タンスイに紅毛城という観光スポットがあります。)

「おい、赤毛、これでなーに?」
「カナリア諸島からのカナリー・スノーボール」(たぶん花の名?)
「タンスイと呼ぶ」(タンスイ=淡水、北台湾にある地名)
====
【中国明朝と清朝の治世 (1662~1895)】

「ほら!タイワンから離れてある!」
"パンダー・アタック!"
ーー
「これから君は我らの妹である…えっと、いま何才?」
"おっと、すごく若いある"
"若スギ"
*ポッ*あの狂い赤毛を追い払った、もしもカレはあたしの王子さま?
ーー
「じゃ、先にある」
"若スギダ"
"王子さま…じゃねぇ!"
ーー
"ガウゥゥゥゥゥ!!あんた嫌い!!"
"あひぃ〜若い子に対処する方法が知らないある!"

ものすごくな偶然と予想外な軍事上的の征服で、中国とタイワンは家族になった。ロリコンと思われたくないの中国はタイワンに大事に思ってない、ただ所有だけ。あんまりセクシーないい関係ではない。記録的に少なくとも70回くらい暴動があった。
ーー
"中国さんから無視された!"
"あいつがいらない!"
"あんな変なジジがいらない!"
" 中国さん、変なジジだ"
「でも服のセンスがなかなか」

中国さんと4000年くらいのギャップがあるため、タイワンはアンバランスな少女になった。
ーー
「よっ、中国さん、おたくに例のちっちゃい子でさぁ…」
"メロメロだぁ"
「いらないならもらうぞ」
" この子の茶が好き"

1860年の第二回アヘン戦争後、中国は開国した。フランスとイギリスはタンスイなど港町に茶、砂糖、樟脳の通商を認められた。
ーー
「もう少し気にしたほうがいい」
"離れないでください"
"クダサイ?"

"まぁ、いいけど"
"フランスさんからさわったよ、知ってる?"
"サトウキビ"
ーー
"フランスさんが…好きじゃないよねある?"
" しかしこの200年間ずいぶん成長したある"

"フランスさんはちょっとイケメンけど。"
"心配しないで、中国あんちゃん。"
" そばにいるよ"

フランスからタイワンに変なことさせないため、中国さんはすこしいいお兄さんになったwww
====
【日本統治時代(1895~1945)】

「湾ちゃん、ちょっと話がある…」
「いやだ、中国あんちゃん、アヘン戦争よりひどいじゃん、どうしたの?」
"茶"
ーー
「実はさぁ…日清戦争にまけたある…これから君が日本の嫁になる」

"っさけるな!あたしになにがしたの?!支那めぇ!こぉらぁぁぁぁぁ!"
ーー
「はじめまして。」
「こんにちは、タイワンさん。日本です。あなたの新しいあんさんです。」
「実は初めて妹ができました。」
"キラキラ" "ピカピカ"
ーー
"またジジ?XXXX!"

なぜがタイワンさんすぐアジア人の年齢がわかるように。
ーー
"日本語を勉強しましょ。あとマナー"
"ののしり禁止!いい子は悪口しません!"
"あなたはもっと発音練習がいるみたい!"

"えーーーいるの?外に行きたい…"
"ぶっー"

タイワンはまだ未熟…いや、女の子と大人のことではない…けど、初妹として、そして未来の弟妹さんたちのため、日本はタイワンを『ジャパン・ネクスト・トップモデル』に育てつもりでした。
ーー
「ほれ、これは下水道システム」

「げ-す-い-ど-う?」

少し問題があるけど、タイワンは無事に現代化と日本化になりました。
====
【戦後〜現代(1945~いま)】

タイワンと日本のふわふわ時間は、戦後ですごく短縮された。

"第二次世界大戦に負けた、あなたは中国さんにかえします"

"また!?って、あんたも?!"
"鉄道"
ーー
この兄妹関係はただの50年しか。けど台湾の歴史にとってすごく影響がありました。
発音練習があるため、ファッショナブル・タイワンはいま足をゲットだぜ、イェイ!
(これ、どういうことかしら?|ω゜))

「この50年間、ボクのことあんまり気に入らないと思って、これで別れだ。」

「ですよね」
"ほら、にもつをもって行け"
ーー
「でもすこしさみしそう…」
"サヨウナラ"

"サヨウナラ"

タイワンさんが知っている、彼女の心の中で常に日本がいること。
日本が去ったら、タイワンは元・兄、中国のところにもどった。
でも楽しい時間は短い、ほら、例の革命のせいで…
ーー
" うち新しい上司どう思うある?"
"セクシー"

"い・や・ち・が・う"
"さようなら!"

中国のセクシーな新しい上司をみとめないのため、タイワンは新しい仕事を見つけて、家からでた。二度とかえずように。
ーー
"かえってきて"
"我の嫁になれ"

"いやだ!自分になりたい!"
"あんたもうたくさんだ!"
"あのキティはなんなんだ?"
"なんでいつも…もう、イヤ!"

現在、中国は時々世界に彼の近親相姦の計画を知らせる。ごきげんよう、湾ちゃん!
[ 投稿者:daoine at 14:45 | 雜談 | コメント(1) ]

この記事へのコメント
こ、コメントし辛っ!
ヘタリア話はなかなかコメントし辛いのぅ…。
まぁでも、台湾あれだけ栄えてインフラしっかりしてれば、多分勝ち組よねぇ。都市部しか見てませんが(苦笑)

でも、中国の「~ある」って訳はGJ!
投稿者: Righoria at 2010-07-15 21:44:40

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/33.88/archives/0000331411.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 9 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら