トップスペースを活用してみる


powered by Google

お知らせみたいなもの
義援金・見舞金について(糸魚川市役所)

2018年04月17日
4月こと座流星群
22日夜は「4月こと座流星群」 気になる天気は?weathernews.jp
少し先だが、4月22日夜から23日朝までが見頃らしい。
冬は晴れることがほぼないため、これからの流星群に期待します。
[ 投稿者:橙一色 at 20:14 | 気象メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年04月14日
強風に注意
春の嵐 雨や雪・風が強まる時間帯tenki.jp
15日(日)は発達した低気圧が北日本へ 北海道では雪weathernews.jp

あすの皐月賞はどうなりますかねぇ。
ええ、馬券的にではなく天候的にです。
[ 投稿者:橙一色 at 20:03 | 気象メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年04月12日
まぁこんな感じかなぁ?
今週末に天気が荒れそうなことは各方面で言われてるので
耳にした人も多いだろう。どのくらい荒れるのか?

天気図を見ると春一番が吹くときのものに近いように思える。
強風に用心するに越したことはない。

せっかくの週末なのにねぇ。なんとかここまで散りはてることなく
持ちこたえてくれた桜もさすがに今回予想される天気で、
この辺の桜は散り果てるだろうから
明日、なんとか2018年の桜を見納めに行くのもよろしいかと。
[ 投稿者:橙一色 at 20:08 | 気象メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年04月09日
今週末の天気が
今週 強風・黄砂・気温差 3つのKに注意tenki.jp
今週は水曜日と週末に春の嵐 特に週末は全国的に大荒れかwaethernews.jp
[ 投稿者:橙一色 at 20:42 | 気象メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年04月07日
黄砂
西日本などで「黄砂」を観測weathernews
Screenshot at 2018-04-07 23-13-00
ウェザーニュースの予想では、黄砂は関東や東北付近まで到達する可能性がありますが、7日(土)は日本上空の風が強いため、黄砂の大部分はそのまま上空を流れ去るものとみられます。空がうっすらとかすむ程度で、生活に大きな影響はない予想です。明日8日(日)には解消されるとみています。
ただ、若干の黄砂が屋外の物に付着する可能性があります。外に出していた車が汚れているようであれば、洗車等の際に傷をつけないようにご注意ください。
[ 投稿者:橙一色 at 23:13 | 気象メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年04月06日
黄砂が?
日本上空に黄砂が飛来…weathernews.jp
黄砂情報(予測図) 気象庁
Screenshot at 2018-04-06 20-02-30
4月7日21時の予測図だが、ミゴトに新潟県にかかってるね。
上にリンクを貼っておいた気象庁の「黄砂情報(予測図)」をみると、
このあと翌4月8日3時には三陸沖に抜けていってる。
[ 投稿者:橙一色 at 19:59 | 気象メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年04月05日
満開になりました!


[ 投稿者:橙一色 at 21:50 | 気象メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年04月03日
開花宣言きました




[ 投稿者:橙一色 at 20:23 | 気象メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年03月30日
過去最速タイ
高田公園の桜開花宣言 過去最も早い開花日に並ぶ ぼんぼり点灯前倒し(上越タウンジャーナル)
高田公園の桜開花 現在の調査木では最も早く(上越タイムス)
新潟市はいつになるますかねぇ?高田の2日後となることが多いようですが。
[ 投稿者:橙一色 at 20:46 | 気象メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年03月20日
早いの?遅いの?
気象予報士による 各地方の桜予想tenki.jp
◆新潟県(日本気象協会 新潟支店 今井梢)
桜も戸惑うような寒暖の差が大きい新潟県内ですが、この先4月はじめにかけて気温は平年並みか高くなる見込みです。まだ寒の戻りはありますが、時折の暖かい陽気に後押しされて桜も順調に花芽を膨らませ、平年よりやや早い開花となるでしょう。

やっぱり今年は早いようだ。
[ 投稿者:橙一色 at 21:40 | 気象メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年03月15日
二ヶ月の旅が始まる
全国初! 高知でソメイヨシノ開花tenki.jp
一番乗り!高知の桜が開花weathernews.jp


なおさくら開花予想2018weather map)の開花予想によれば、新潟市の開花予想は4月7日、満開は4月13日とのこと。
ちなみに日本三大夜桜のひとつにあげられてる高田公園は開花も満開も新潟市より一日早いと予想されてます。

もうひとつちなみに、北海道稚内は5月11日、釧路は5月13日とそれぞれ開花が予想されてます。

そういえばきょうは川端でツクシを獲ってる人がいたなぁ。
[ 投稿者:橙一色 at 19:53 | 気象メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年03月06日
3年ぶりの
「2018年 冬(前年12月〜2月)の天候経過」を発表しました。(新潟地方気象台)※リンク先はPDFファイル。
3月1日に発表されてたのを今気づいた。
3年ぶりの寒冬だったとのこと。
この冬が低温と大雪になったワケtenki.jp
気象庁によりますと、平成30年冬、日本に低温や大雪をもたらしたのは以下の要因が考えられるとのことです。
・日本付近に強い寒気が流れ込むことが多かった要因としては、大気上層を流れる亜熱帯ジェット気流と寒帯前線ジェット気流が、日本付近では南に蛇行するとともに、冬型の気圧配置が強まったことが考えられます。
・亜熱帯ジェット気流が日本付近で南に蛇行した一因として、ラニーニャ現象の影響により、インドネシア付近の積雲対流活動が平年よりも活発だったことが考えられます。また、大西洋上空のジェット気流の持続的な蛇行の影響も考えられます。
・寒帯前線ジェット気流が日本付近で南に蛇行した一因として、ユーラシア大陸北部の寒帯前線ジェット気流の大きな蛇行により、大気上層の極うずが分裂して、東シベリアから日本の北方に南下したことが考えられます。
・ユーラシア大陸北部の寒帯前線ジェット気流の大きな蛇行の要因として、大西洋上空のジェット気流の持続的な蛇行や、バレンツ・カラ海(ロシア北西海上)付近の海氷が平年と比べてかなり少ない影響も考えられます。
[ 投稿者:橙一色 at 20:43 | 気象メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年02月14日
春一番が吹いた!
九州北部・中国地方・北陸で春一番tenki.jp
北陸地方と中国地方に続き、九州北部地方で「春一番」発表weathernews.jp
昼間にそんなに強い風が吹いた感覚はなかった。
Screenshot at 2018-02-14 20-12-072018年2月14日20時までのアメダスをみると最大瞬間風速を観測したのが19時57分。それまでは10メートル超えてないんだものんなぁ、そりゃ強風が吹いた感覚はないわ。
んで、春一番が吹くと春がもうすぐそこと思いたいところですが、日本海側ではそうは行かないんです。春一番が吹いた翌日以降だいたい冬型の気圧配置になることが多いです。まだまだ雪の季節は終わりません。
それでも春らしさを見出そうとすれば、気温が高くなる日が散見されるようになったことがある。いわゆる三寒四温ってやつです。ほかには南高北低とか、移動性の高気圧なんてことばが気象予報士から多く聴かれるようになれば、春はそんなに遠くないものと思ってます。
[ 投稿者:橙一色 at 20:06 | 気象メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年02月01日
今回の南岸低気圧後は?
前回の南岸低気圧が通過してからの冬型の気圧配置はかなり強烈だった。新潟市でもそんなに真冬日になることはないのに、佐渡の断水もそう。佐渡がアレほどまでに気温が下がらない地域であるがゆえに起きてしまったのではないかと考えてしまう。
で、次ぎにやってくるかもしれない寒波は
低温と大雪に関する異常天候早期警戒情報 平成30年1月29日14時30分
低温と大雪に関する異常天候早期警戒情報 平成30年2月1日14時30分(新潟地方気象台)
1月29日に出されたものは2月3日から2月12日まで、きょう2月1日に出されたものは2月6日から2月15日までが対象。いずれも気温が低く降雪量が多いと。
まもなく落花生をたべ立春を迎える時期とはいえ、春はまだ先ということで。
[ 投稿者:橙一色 at 20:32 | 気象メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]