掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年12月17日
「家賃年金」に興味がある人・不動産投資に抵抗がある人
にわかに脚光を浴びてきた「家賃年金」』 「現代は、老後に対してきわめて不安な時代を迎えている」老後の備え(支え)としてあげられた次の項目を再検討しましょう。・家族( 子供など)→面倒を見てもらえない(世話をかけたくない)。・預貯金→きわめて低い金利で ...https://keijirosuzuki.net/interest/
[ 投稿者:りんご at 16:29 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年12月15日
無人機の飛行をカバー
バッテリーの寿命、飛行速度、より良いコントロールの開発などは、ドローンの使用に貢献したすべての要素です。 実際のところ、この技術のおかげで恩恵を受けているのは航空写真です。 これは、プロパティの詳細を示すだけでなく、近くのアメニティとそれらの ...https://towermansion.work/drone/
[ 投稿者:りんご at 11:51 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年12月13日
あなたの不動産投資の資金調達の方法
投資家が市場の標準化された不動産商品から満たされない投資家のニーズを満たす形 で不動産のパフォーマンスに支えられて投資家にアクセスできるように投資専門家 によってパッケージ化されたソリューションです。
これらの資金調達方法の主な利点は、 ...https://misterbento.com/you
[ 投稿者:りんご at 21:30 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年12月12日
【技贈与】
「相続税評価額」は、土地は「路線価額」などによる評価額、建物は「固定資産税評価額」と同額の評価ということですので、時価すなわち購入代金よりかなり低い価額ということになります。
言いかえますと、購入代金の贈与よりも多い持分を贈与できるということなのです。
購入時には夫1人の名義で購入し、その翌年以降に贈与する方が得ということです。
[ 投稿者:りんご at 15:56 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

【技贈与】
「相続税評価額」は、土地は「路線価額」などによる評価額、建物は「固定資産税評価額」と同額の評価ということですので、時価すなわち購入代金よりかなり低い価額ということになります。
言いかえますと、購入代金の贈与よりも多い持分を贈与できるということなのです。
購入時には夫1人の名義で購入し、その翌年以降に贈与する方が得ということです。
[ 投稿者:りんご at 15:53 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

【技贈与】
「相続税評価額」は、土地は「路線価額」などによる評価額、建物は「固定資産税評価額」と同額の評価ということですので、時価すなわち購入代金よりかなり低い価額ということになります。
言いかえますと、購入代金の贈与よりも多い持分を贈与できるということなのです。
購入時には夫1人の名義で購入し、その翌年以降に贈与する方が得ということです。
[ 投稿者:りんご at 15:50 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

【技贈与】
「相続税評価額」は、土地は「路線価額」などによる評価額、建物は「固定資産税評価額」と同額の評価ということですので、時価すなわち購入代金よりかなり低い価額ということになります。
言いかえますと、購入代金の贈与よりも多い持分を贈与できるということなのです。
購入時には夫1人の名義で購入し、その翌年以降に贈与する方が得ということです。
[ 投稿者:りんご at 15:46 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

【技贈与】
「相続税評価額」は、土地は「路線価額」などによる評価額、建物は「固定資産税評価額」と同額の評価ということですので、時価すなわち購入代金よりかなり低い価額ということになります。
言いかえますと、購入代金の贈与よりも多い持分を贈与できるということなのです。
購入時には夫1人の名義で購入し、その翌年以降に贈与する方が得ということです。
[ 投稿者:りんご at 15:43 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

【技贈与】
「相続税評価額」は、土地は「路線価額」などによる評価額、建物は「固定資産税評価額」と同額の評価ということですので、時価すなわち購入代金よりかなり低い価額ということになります。
言いかえますと、購入代金の贈与よりも多い持分を贈与できるということなのです。
購入時には夫1人の名義で購入し、その翌年以降に贈与する方が得ということです。
[ 投稿者:りんご at 15:40 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]