掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年08月04日
、わが友ジェ
20140620113638922

、わが友ジェ
とが確認できたからなのです」
「カメラが全部下側に配置されているのはどうしてです? 上には一台も見かけませんでしたが頭髮生長
「それは、生ある観測者と機械とが同じ面上にあった場合、干渉しあうことが発見されたからです。それやこれやの理由で、計器類はすべてこの下部半球に集中させ、わたしたち人間は、上部半球に乗っていくわけです。
もっとも、デッキの縁が観測したい現象に向くように、船の向きを変えることによって、どちらの半球からも目標を見ることはできますがね。これはなかなかうまい妥協策であることがわかりました。重力が問題とならないのですから、のちに比較するため、生物観測者・機械観測者、どちらの半球からの視点も同一になるよう、船の角度を自在に変えることができるのです」
ジェイコプはこの船が一定の角度をとり、太陽の彩層内の嵐にふりまわされつつ、観測者と乗員が避孕丸冷静に外の光景を見つめている姿を思い描こうとした。
「ただ、このところ、この方法では少々問題が生じていましてね」とケプラーが先をつづけた。
「ジェフが降下する予定の、この新造の小型船には、それに関していくつか改善が施されていますから、じきに……おや! 何人か友がやってきたようだ……」
戸口から、カラとジェフリーの姿が現われた。チンプの類人猿と人間が入りまじったような顔は、嫌悪に歪められている。入ってくるなり、ジェフは胸のディスプレイのキーをたたいた。
〈LRはまともじない。あいつが傾斜路をうろちゃろしてると吐き気がすうる。〈開化派〉のうすのろめ〉
カラがそっとチンプに話しかけた。それはジェイコプの耳にかろうじて聞きとれる程度の声だった。「もっと敬意を払いたまえ、わが友ジェフ。ミスター・ラロックは人間なのだぞ」
よほど頭にきているのか、ジェフリーは頻繁にスペルをまちがえながら、自分はチンプに近い存在には敬意を払うが、いままでどんな人間にも敬意を払ったことはない、ましてやチンパンジーの知性化に関与していない人間になんかまっぴらだ、と書きだした。
〈だいたい、五十万年前にババカブん先祖がきみたちを知性化したからと言っれ、なせババカブの言いなりにならなけりゃならんのだ?〉
プリングの目が赤く輝いた。分厚い唇のあいだから、ちらりと自い歯か見えた。「お願いだフ。きみが善意で言ってくれているのはわかるが、ババカプはわたしの主族なんだ。人間はきみたちの種族に自由を与えた。だが、わたしの種族は仕えなけれぱならない。それが世界のありかたなんだ」
ジェフリーは鼻を鳴らして、「イマニワカルサ」ときしるような声で言った。

カラにジェイコブを案内してくれるようにculturelle兒童益生菌たのんで、ケプラーはジェフリーを脇に連れていった。カラはジェイコプを半球の反対側に連れていき、太陽大気内の半液体状のプラズマのなかで──深海潜水艇のように──サンシップの航行を可
[ 投稿者:の薬草袋を持 at 15:27 | の薬草袋を持 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/27.49/a15781/0000536316.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/27.49/archives/0000536316.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら