掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2013年10月25日
空前の不動産ブーム到来 購入と賃貸どっちが得なの?
東京五輪も後押しして不動産業界がわいています。競技施設が建設される湾岸エリアでは、どうみても割高と思えるマンションが次々と売れていき、デベロッパー(売主)の興奮ぶりも伝わってきます。まさに不動産ブームですが、購入と賃貸、住むならどっちが得なのか。サラリーマンなら一度くらいは考えたことがあるでしょう。

 個人的には30〜40代の世代なら「買いかな」と踏んでいます。いきなり数千万円もの借金を抱えるのは不安になりますが、買える年齢、つまり金融機関から住宅ローンの融資を受けるにも“しばり”があるからです。

 30〜40代なら30年前後の長期借入をOKしてくれるケースが一般的ですが、50代後半や60代で買おうとすると、退職以降も支払いが続くため、そう長くは貸してくれません。物件額の多くの部分をキャッシュで支払う財力が問われます。もちろん、退職金で完済する手はありますが。

 賃貸は借金を負わない利点があるものの、高齢になると借りる物件が限られ、都内の賃貸仲介業者は「死亡などのリスクを想定し、借りる側に上限年齢を設定する貸主は多い」と本音を明かします。業者の回し者ではありませんが、「買える年齢」を考えながらライフプランを立てるのも大切だなと思いました。(zakzakより引用)

不動産業者
エリアクエスト

エリアクエストのファシリティマネジメントコンサルティングサービスは、 従来の単なる借主の 賃借条件(立地、予算、規模等)と物件情報のマッチングによるオフィスの開設ではなく、長期的且つ経営的視点で計画的にオフィスを開設することにより、 設備投資の最小化、機能性・生産性などに対する効果の最大化等の、 借主の事業収益につながる一つの経営資源としてのオフィスを開設する提案を行っております。オフィス新設・移転の際は、情報力と組織力が強みのエリアクエストグループにお気軽にお問い合わせ下さい。

エリアクエスト
[ 投稿者:不動産屋さん at 10:13 | 不動産関連 ]

2013年04月18日
コムシティ10年ぶり再開
北九州市八幡西区のJR黒崎駅前の複合商業施設「コムシティ」が2日、再オープンした。

 第3セクターの運営会社が経営破綻して商業施設部分(通路を除き約2万9000平方メートル)が閉鎖されてから10年近く。再開までに市が約100億円を支援した施設が、地盤沈下が続く副都心・黒崎浮揚の起爆剤となるか注目されている。

 コムシティが入居するビルは高層棟(地上12階〜地下1階)と低層棟(地上4階)の2棟で構成。高層棟の7階の北九州市立「子どもの館」などと9〜12階のホテルを除き、商業フロアが空室のままとなっていた。

 低層棟を中心とした商業フロアは西日本鉄道(福岡市)が一括賃借し、飲食店などが出店した。高層棟について市は商業施設で埋めることを断念し、区役所や市立美術館のギャラリー、青少年交流施設などを入居させることにした。(YOMIURIONLINEより引用)


将来的に、地盤沈下が続く黒崎浮揚の起爆剤となってくれるといいですね。

注目企業エリアクエスト関連リンク
エリアクエストコーポレートサイト 
エリアクエストごあいさつ 
エリアクエスト会社概要 
エリアクエスト事業概要 

エリアクエストの株価
エリアクエスト bloombreg
エリアクエスト Kmonos


関連リンク
エリアクエストブロガー 
エリアクエストLivedoor 
エリアクエストDTI 
エリアクエストエキサイト 
エリアクエストココログ 
エリアクエストフルーツブログ 
エリアクエストみぶろぐ 
エリアクエストQblog 
エリアクエストsublimeblog
エリアクエストのブログ 
エリアクエストアメーバ
エリアクエストはてなブログ
エリアクエストyaplog
エリアクエストMARUTA
エリアクエストスタブロ
エリアクエストWXO
エリアクエストウェブリブログ
エリアクエストseesaa
エリアクエストファンブログ
エリアクエストエムブロ 
エリアクエストSITEMIX 
エリアクエストみて書いてブログ 
不動産ニュース配信teacup 
不動産ニュース配信信州FM 
不動産ニュース配信ポイントブログ 
不動産ニュース配信Wordpress 
不動産ニュース配信blog.com 
不動産ニュース配信百度 
不動産ニュース配信xanga.com 
不動産ニュース配信jigsy.com 
不動産ニュース配信own-free-website.com 
不動産ニュース配信ja.wix.com 
[ 投稿者:不動産屋さん at 17:21 | 不動産関連 | トラックバック(0) ]

2013年04月03日
メガソーラーのパネル 水なし掃除ロボ開発
大規模太陽光発電所(メガソーラー)のパネルを水なしで掃除する自走ロボットを、香川大発のベンチャー企業「未来機械」(岡山県倉敷市)が世界で初めて開発し、26日に高松市林町の香川大工学部で発表した。

 砂ぼこりで出力が落ちがちな中東諸国での需要を見込み、三宅徹社長は「2014年度中に実用化したい」と意気込む。

 縦43センチ、横72センチ、高さ22センチの箱形で、重さ約11キロ。バッテリーを内蔵し、センサーで位置を確認しながら小さな車輪でパネル上を移動。下部の回転ブラシとファンで砂を落とす。2時間の充電で2時間動き、約380平方メートルを清掃できる。

 サウジアラビアで昨秋、実証実験を行い、1か月以上砂が積もったパネルの出力を100%に回復させることに成功した。

 同社によると、中東や北アフリカでは太陽光発電所の建設計画が目白押し。17年までに、12か国で原発10基分に相当する計1000万キロ・ワット分の発電所ができる予定という。日射量が多いうえ、とくに産油国は電力需要を太陽光で賄い、原油をできるだけ輸出に振り向けたいからだ。

 一方で、雨が少なく砂ぼこりが落ちにくいため、2週間で10%近く出力が落ちるというデータも。現在は人が掃いたり大量の水で洗い流したりしているが、海水から水を作るのにも相当なエネルギーを消費する。

 今後は、気温が40度を超える環境下で長期間稼働できる耐久性を確保し、県内の機械メーカーなどに協力を求めて1台約200万円での量産を目指す。

 同社は2004年に香川大大学院生だった三宅社長が設立。05年の愛知万博に窓ふきロボットを出品した際、機械メーカーから「パネル用に転用できないか」と打診されたのが、開発のきっかけだ。三宅社長は「成長の見込める分野。14年度に数十台、5年後には数百台の生産を軌道に乗せたい」と話している。(YOMIURIONLINEより引用)


住まいや、地域に設置される件数が増えているソーラーパネルですが、日本各地で大規模太陽光発電所(メガソーラー)の設置も増えてきております。
エコなエネルギーは大切ですね。
[ 投稿者:不動産屋さん at 19:57 | 不動産関連 | トラックバック(0) ]

2013年04月02日
日本の住宅の平均寿命、「31~50年」との認識が約半数
(株)オウチーノは26日、「日本の住宅の耐用年数に関するアンケート調査」結果を発表した。
 
 60年の長きにわたり親しまれた前歌舞伎座が2013年4月2日にリニューアル開場予定することにちなみ、築60年という年数に対して住まい手が思い描く住宅の耐用年数(寿命)と現状について調査したもの。20〜70歳代の男女を対象に、インターネットでアンケートを実施。調査期間は2月18日〜3月7日の17日間で、有効回答数は556名。

 「あなたが考える住まいの寿命」について、一戸建て・マンション別に5年刻みで20〜80年以上で聞いたところ、「30年以下」は一戸建てが23.1%、マンションは19.1%、全体では19.2%となった。これに対し「31〜50年」は、一戸建て52.5%、マンション45.3%、全体では44.6%と半数近くを占め、「51年以上」と考える人も一戸建て24.6%、マンション35.5%、全体では35.3%と、「30年以下」との回答より大幅に多いという結果となった。
 また、「30年以上住んだ家をどうしたいか」の問いには、62.6%が「リフォームや修繕などをしながらも大切に住み続けたい」と回答。二者択一で提示した「建て替え、住み替えなど、新しい家を購入したい」より多い結果となった。

 技術進歩などにより建物の長寿命化が実現しつつある中、同社では「近い将来、歌舞伎座のように日本の住宅も長寿命化し、欧米並みの『中古住宅を中心とした住文化』の発展が期待される」と分析している。(R.E.portより引用)


よき伝統と進歩した技術で住宅の寿命がもっと伸びるといいですね。
[ 投稿者:不動産屋さん at 11:04 | 不動産関連 | トラックバック(0) ]

2013年04月01日
事業用不動産業者エリアクエスト
不動産に関して貸主と借主に、日常的なファシリティを効率よく運営するための徹底サービスをご提供しているエリアクエスト。

概要は以下を参照してみて下さい。
エリアクエストとは?

東証マザーズ上場の事業用不動産賃貸等を営む業者である。
株価の変動については、エリアクエストの株価←こちらをご参照ください。

ビル管理やサブリースなど安定した収益見込める業務を強化しており、さらに成功報酬型のテナント誘致などの業務を補っているとの話もある。

今後が気になる企業ですね。
[ 投稿者:不動産屋さん at 17:16 | 不動産関連 | トラックバック(0) ]

三井不動産が慶応大、タニタと組みマンション居住者向けに健康サービス提供 
共同サービスでは常駐のコンサルタントがきめ細かくアドバイスする

 三井不動産は10日、慶応大、タニタと共同で、都心のマンション居住者向け健康サポートサービスの提供を開始すると発表した。マンション内に看護師資格を持つ指導者が常駐し、運動方法や食生活の指導などを一人ひとりに合わせて行い、効果的な健康増進を目指す。三井不動産は、今後開発する賃貸、分譲マンションなどの居住者向けサービスとして、提供物件を増やしたい考え。

 当初は、実証を含め、東京都中央区の大川端リバーシティ21地区のマンションに住む1200世帯を対象にサービスを提供する。

 同サービスは、慶応大のスポーツ医学研究センターの研究成果やタニタの保健指導のノウハウなどを組み合わせプログラムに基づき、「やせたい」「フルマラソンを走りたい」といった個人個人の目標実現に向けたプランを作成。

 さらに、指導者が常駐する専用ラウンジでは、健康測定やアドバイスを行うほか、タニタなどが定期的に健康セミナーなどを行う。参加者には、タニタの体組成計などの貸し出しや、専用ウェブサイトを活用して自宅でも健康チェックを行えるなどのサービスも受けられる。月額費用は7500円。(MSNニュースより引用)

先日のタニタ食堂は大きな話題を呼びましたね。健康って大切ですよね。

[ 投稿者:不動産屋さん at 17:15 | 不動産関連 | トラックバック(0) ]

2013年03月29日
弱い光でも発電、次世代太陽電池
 弱い光でも発電でき、屋内のインテリアを兼ねた補助電源として期待できる次世代の太陽電池「色素増感太陽電池」の大規模実証実験が今夏、神奈川県平塚市の県農業技術センターで始まる。

 3年かけて発電効率を検証し、2010年代の終わりまでに製品化して市場展開を目指している。

 独立行政法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)のプロジェクトで、総合重機メーカーの日立造船(大阪市住之江区)などが実験を行う。

 同社によると、色素増感太陽電池は植物が日光で光合成をする仕組みを応用したもの。電極などとともに、様々な色の色素をしみ込ませた酸化チタンをプラスチックフィルムではさんだ構造になっている。

 発電効率は、従来の太陽光発電に用いるパネル型の太陽電池と比べて低いが、窓ガラスを通した日光や室内照明といった弱い光でも発電できる。

 同社などが共同開発した、今回の実験に用いる色素増感太陽電池は、A4サイズ。厚さが0・7ミリと薄く、重さも約70グラムしかない。フィルムの両面を発電に使える。赤や黄色といった多彩な色にしたり、曲げたりすることができる。同社は、こうした特長を生かして、ステンドグラスや壁紙、置物といったインテリアを兼ねた補助電源となる商品の開発を検討している。通常は携帯電話の充電や小型の家電製品の電源に使ったり、停電時には非常用電源に利用したりすることが考えられるという。

 同社は2008年から桐蔭横浜大などと共同開発を開始し、12年にNEDOの実験対象に選ばれた。実験では県農業技術センターの温室1棟を使い、天井からA4サイズの色素増感太陽電池約200枚を垂直につるして、斜めにさす朝夕の弱い日光での発電効率や寿命などを検証する。

 同社は「今後、様々な企業と商品アイデアを検討していきたい」としている。(YOMIURIONLINEより引用)



太陽光パネルが一般的に浸透することにより需要が増え、開発が進み次のステップに向かっているようですね。みなさんのエネルギーの自給自足や、節約に対する意識が高まり、さらなるエコにつながるのですね。
[ 投稿者:不動産屋さん at 20:55 | 不動産関連 | トラックバック(0) ]