掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2016年08月30日
肩こり解消が目的の小物には

首の痛みというのは原因も症状も多様で、色々な症状にふさわしい対応の仕方があるので、自分が直面している首の痛みが何によって誘発されたのか見定めて、合理的な対処をするべきです。

種々の原因の一つの、腫瘍によってお尻や足への放散痛がある坐骨神経痛が出てしまった時は、疼痛がかなり激しく、保存療法では効果は期待できないという側面があります。

外反母趾を治療する方法である運動療法において肝心なのは、第一趾の付け根部分にある関節が「くの字」に曲がった状態に定着してしまうのを押しとどめること、更に母趾の付け根についた筋肉である母趾外転筋の筋力の鍛錬です。

全身麻酔や出血への不安、終わりの見えないリハビリや予想できる後遺症といった、以前からの手術方法への問題点を乗り越えたのが、レーザー光線を用いたPLDD(レーザー椎間板除圧術)による新しい椎間板ヘルニア治療です。

酷い腰痛が起きても、大半はレントゲン分析を行い、痛みを止める薬をもらい、安静を保つことを勧告されるのみで、最新の方法による治療が受けられるという事例はあまりなかったというのが現状です。

長きにわたって、膨大な時間をかけて専門的な治療をしてもらったり、手術を受けるというような状況では、随分なお金を使うことになりますが、こういうことは腰痛にしか起こり得ないこととは言えません。

背中痛という形で症状が現れる疾病としては、尿路結石であるとか鍼灸院などをあげることができますが、痛みを発しているポイントが本人自身すら長年判然としないということは頻繁にあります。

何もしたくなくなるほど深刻に憂慮することなく、思い切って温泉とかに出掛けて、ゆったりしたりすることが全ての面に上手く働いて、背中痛がなくなってしまうといった方もいらっしゃるとのことです。

病気の症状や加齢により背中が弧を描いて前かがみになり猫背の姿勢になってしまうと、かなりの重量のある頭が背骨より前にきてしまうため、それを受けて、常に首が緊張した状況となり、疲労がピークとなって一向によくならない首の痛みが出現します。

神経あるいは関節が引き起こす場合は当然の事、もし右側の背中痛のケースになると、現実的には肝臓に問題が存在していたなんてことも珍しくはないのです。

椎間板ヘルニアの神経の炎症をとどめているというのが実情なので、治療の終了後も身体が前かがみになったりある程度重さのあるものを無理やり持ち上げようとすると、痛みやしびれなどの症状がぶり返してしまう可能性が高くなります。

肩こり解消が目的の小物には、凝っている部分をストレッチできるように設計されている製品を筆頭に、凝りやすい肩を温めるように考えられている製品に至るまで、多種多様なものがあるので納得いくまで探すことができます。

痛みを抱えている頚椎ヘルニアの症状を抱えている人が、整体治療院に行くべきか否かは、様々なご意見があると思いますが、治療が完結した後の骨格正常化や防御という趣旨では、なかなかいいと言い切れます。

妊娠によって誘発される軽度の坐骨神経痛は、出産して妊娠が終わることによって圧迫のもとになっていたものが消失することになりますから、辛かった痛みもそのうちに良くなるので、専門医による治療は必要ないと言ってもいいでしょう。

外反母趾を手術で治すというやり方は靴の普及により症状が急増した18世紀後半から行われ始めた一般的な治療方法で、現在になっても多岐にわたる技法が記録されており、その数は嘘みたいですが100種類以上だと言われています。


[ 投稿者:ina1 at 23:41 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年08月29日
一昨日の夕方、勤務先で上司が旧式のノートPCをながめていた時
一昨日の夕方、勤務先で上司が旧式のノートPCをながめていた時、いきなり突然に激しい耳鳴りがして、嘔吐吐き気に悩まされた。

可能な限り辛抱したが、ベッドの上で静養せざるを得なかった。

こんなことは、誰にでもおこることではないと思うが、よくよく気になってしまうのが、我々が普段使用するPCや携帯スマホがたえず放射する有害電磁波である。


言うまでもないことだが、あの出来事がパソコンやスマホの電磁波のせいだとストレートに考えているのではない。


だがしかし、それを踏まえて、不可避的に口を開かざるを得ないのは、
PCスマホの電磁波は、一定の限度を超えると、
私たちの身体を
いろいろな不調へと追いやることは言えると思う。

肉体に有害な電磁波と言えば、電子レンジを話題から外す訳にはいかない。


我が国では、この文明の利器は、一般家庭に広く普及している。

しかし、OECD加盟国などでは、我が国と違って、
電子レンジの害について
注意を発しているという現実がある。

まあ結論めいたことを言うと、この電子レンジは、同じく文明の利器であるPCスマホと同様に、
人体に有害となることが有るかも知れないと心して、
使うべき時は使うとしてもあまりに過度に頼りすぎないようにするのが、良い方法であろうと私は思う。


もっと白黒をはっきりと付けよと言われそうな考えかも知れませんがそれが私の性分からする正直な感想ですので、勘弁してくださいと言うほかありません。


[ 投稿者:ina1 at 02:27 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

あれはおとといのこと、友人の家で上司が携帯電話を使っていたと
あれはおとといのこと、友人の家で上司が携帯電話を使っていたとき、ビックリするほどキリキリと頭痛がして、とうとう嗚咽して戻したくなった。

一向に回復の兆しは見られず、ベッドに倒れ伏すことになった。

こういうことは、誰にでもおこることではないと思うが、やはり気になるのが、人々が普通に使用するパソコンやスマホが原因となるかなり有害な電磁波である。


当然ながら、あの肉体の異変が使用していたPSスマホの電磁波のせいだとやみくもに結論付けているのではない。


それはそれでよいとして、そのことを確認した上で、どうあろうとも私が思うのは、
誰もが使っているデバイス類の電磁波は、積もり積もると、
私たちの身体を
いろいろな形で傷つけることは言ってよいと思う。

人間に害を及ぼす電磁波と言えば、誰もが使っている電子レンジを話題に載せなければならないだろう。


今の世の中では、とても有用視されている電子レンジは、家庭は勿論、コンビニにも備えられている。

しかし、OECD加盟国などでは、我が国と違って、
電子レンジの発する電磁波について、
注意を促しているという現実がある。

結論としては、この便利製品は、同じく文明の利器であるPCスマホと同様に、
肉体に有害である可能性をも意識して、
過度の使用はさけて最小限の使用にとどめるのが、良い方法であろうと私は思う。


少々煮え切らない態度かも知れませんが、それが私の性分ですので、許して下さいと申し上げるほかありませんわ。


[ 投稿者:ina1 at 01:21 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年08月25日
ブログを始めます。
「水清ければ」というタイトルで、ブログを始めます。
「水清ければ、魚すまず」と申しますが、いやいや、やっぱり、水は清らかであるのがよろしい。
清らかな思いになるような文章を心掛けます。
よろしくお願い致します。
[ 投稿者:ina1 at 14:10 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]