掲示板お問い合わせランダムジャンプ

rakuten

2017年04月21日
マツダで勝ち越した(動画あり)
4月18日のマツダスタジアムでの広島東洋カープ-横浜DeNAベイスターズの試合は、4-3で広島が勝ちました。

4月19日のマツダスタジアムでの広島東洋カープ-横浜DeNAベイスターズの試合は、0-4で横浜が勝ちました。
今永投手の完封やロペス選手のタイムリーなどのダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=U22mtdt9rUc

4月20日のマツダスタジアムでの広島東洋カープ-横浜DeNAベイスターズの試合は、3-5で横浜が勝ちました。
梶谷選手の決勝タイムリーや筒香選手の犠牲フライなどのダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=SGvCC-uGJco

1勝2敗で2カード連続のカード勝ち越し、そして初の連勝で借金2まで減らしました。

初戦で抑えのパットン投手がボコボコにされサヨナラ負けして3タテの危険もあるぞと思っていたが、今永投手のプロ入り完投となる初完封と初戦で打たれた中継ぎ投手のやり返した好投などで勝ち越すことができました。特に今永投手の完封で中継ぎ投手が休めたのは大きかったし、それが3戦目の好投にもつながったのでしょう。

先発はたまに爆発するしイニングも食えない投手がいるが試合は作れるようになっているし、打線も安打は少ないながらも得点は出来るようになってきている。あとは筒香選手待ちだが、ホームランは出なかったけど久々の打点で勝利に貢献できたことで肩の力を抜いてやってくれるようになるといい。それと筒香選手が実は開幕から17試合連続出塁中とのことでいかに四球覚悟で攻められて警戒されているかが分かるが、それならなお一層筒香選手の後ろを打つ選手が重要になってくるので、好調のロペス選手とそこそこ当たってきたと思われる戸柱捕手は良いとして、宮崎選手が不在の今倉本選手や白崎選手などの頑張りが得点力アップに必須になってくる。特に白崎選手は大卒ドラ1から5年目なんだからそろそろ覚醒してくれないと困る。早くしないと後輩の網谷選手や松尾選手などが出てくるだろうし、今年のドラフトでもこの体たらくだと即戦力内野手を取るだろうから残されたチャンスは少ないよ。

今日の予告先発は、横浜がウィーランド投手で中日が又吉投手です。中日も初の連勝中で嫌だけど、又吉投手は右打者より左打者に格段に打たれているので、思い切って関根選手や佐野選手や荒波選手などの左打者を並べていっても良い気がする。
[ 投稿者:shinken43 at 06:22 | 横浜DeNAベイスターズ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月18日
二年目のジンクスにハマっているのか
4月14日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ-東京ヤクルトスワローズの試合は、4-3で横浜が勝ちました。

4月15日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ-東京ヤクルトスワローズの試合は、2-7でヤクルトが勝ちました。

4月16日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ-東京ヤクルトスワローズの試合は、6-3で横浜が勝ちました。

カードで2勝1敗でようやく今年初のカード勝ち越しです。

16日の試合はうまく投打がかみ合った試合でしたが、今年のこれまでを考えると若いチームだけに色々な二年目のジンクスにハマっている気がします。まずチームが初めてCSに出た次の年ということでもっと上を目指してるがうまくかみ合っていない感じだし、ラミレス監督も2年目でAクラス当たり前とプレッシャーがかかっているだろうし、投手陣ではプロ入り2年目の今永投手と初めて約1年間1軍にいてから2年目の石田投手や田中健投手や須田投手と阪神戦やハマスタに弱いと言われてから2年目の山崎康投手など。打線では見た目と違いプロ入り2年目の戸柱捕手とスタメンに定着して2年目の倉本選手や桑原選手や宮崎選手と初めてタイトルを取り2年目で侍ジャパンの4番としても注目されすぎて警戒されまくっている筒香選手など。疲労やメンタルや研究されたりでなかなか調子が上がらない選手が多く、最近では調子を上げてきた選手もいるが4番の筒香選手と先発投手の3Iが調子を上げてこないと連勝は難しいです。新入団の投手しかまだ勝っていない厳しい状況ですが、逆に考えれば外国人を含め補強はうまくいっているということだし、既存の選手が上がってくれば上がり目も考えられるとも言えるでしょう。

ラミレス監督の微妙な采配に関しては、今年も出だしは選手の見極めのための起用や采配が多いと思うし、9回だとメンタル的にきつそうだった山崎康投手の抑えをパットン投手と交代したりなど去年よりは我慢の期間が短くなっていると思うので、広島が走りすぎて我慢できなくなっただけかもしれないけど妙に固執した起用や奇をてらいすぎた采配などは減ってくるはずだと期待しています。

今日の予告先発は、広島が野村投手で横浜が濱口投手です。投打ともに強力で好調な広島ですが、相性的には阪神よりも良いと思うので好勝負を期待しています。筒香選手もそろそろでしょう。
[ 投稿者:shinken43 at 06:06 | 横浜DeNAベイスターズ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

欲しいものがきっと見つかる!【トイザらス・ベビーザらス オンラインストア】
欲しいものがきっと見つかる!【トイザらス・ベビーザらス オンラインストア】

世界中のおもちゃ・ベビー用品を豊富な品揃えで!おもちゃ・ベビー用品の専門店、トイザらス・ベビーザらス オンラインストア。オリジナル商品や人気キャラクター商品、ベビー服、ベビーカーを安心&お買い得価格で。店舗在庫も確認できます。





おもちゃ・ベビー用品の専門店、 トイザらス・ベビーザらス オンラインストア。


[ 投稿者:shinken43 at 06:00 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月14日
ハマスタ・阪神・同点と揃ったら・・・地味に須田5連投
4月11日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ-阪神タイガースの試合は、雨天中止でした。

4月12日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ-阪神タイガースの試合は、6-8で阪神が勝ちました。

4月13日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ-阪神タイガースの試合は、1-4で阪神が勝ちました。

地元で2連敗でした。今年も阪神戦は頭が痛いです。

ハマスタの阪神戦で同点の場面で山崎康投手投入と悪い予感がしたら、当たってしまいました。山崎康投手も意識しているのか明らかに力が入っていたし。前の日の今永投手も勝ちを意識して力んで打たれたし、捕手や内野手がもっとうまく声掛けをして落ち着かせてほしいけど。便利屋になった須田投手も調子が上がってきたのはいいけど地味に5連投。勝っても負けても投げるから登板数はリーグトップのものすごいペースです。砂田投手なども結構投げているし。このままだと去年の藤岡投手のようになってしまう懸念があるので、先発がもっと長い回を投げるかビハインドのロング要員を上げるか適当に二軍で休ませるかなどうまく考えてほしい。

打線も前の日みたいに追いつけない程度の反撃をするときは打てるけど、この日は苦手の藤浪投手というのもあって梶谷選手のホームランだけ。このホームランはすごかったけど。藤浪投手もヤクルトや広島相手のように全力で投げなくても抑えられるという余裕からか、制球重視でストライクに力まず投げてきた。それでも打てないからますます上から目線でリラックスして投げてくるので死球は食らわなくて良かったけどなめられてるね。たまに塁に出ても足がない選手ばかりだから揺さぶりもかけられないし。盗塁できるのは梶谷選手と下手だけど桑原選手くらいであとは各駅停車並みの足ばかり。出来ればスタメンに4人は足の速い選手が欲しいから、捕手とファーストはしょうがないとしてセカンドとショートかサードで足の速い選手が欲しい。二軍を見ても候補は少ないから松尾選手か狩野選手あたりが育つまで我慢か。ドラフトではトヨタの藤岡選手や奈良学園大の宮本選手など足の速いショートの選手をとってほしい。清宮選手や投手も欲しいから難しいけど。

今日の予告先発は、横浜がウィーランド投手でヤクルトが石川選手です。ハマスタなら石川投手を打てるでしょ。というか打って。
[ 投稿者:shinken43 at 05:50 | 横浜DeNAベイスターズ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月12日
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 3DS版 【早期購入特典:しあわせのベスト&なりきんベスト】
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 3DS版 【早期購入特典:しあわせのベスト&なりきんベスト】



—— そして、勇者は悪魔の子と呼ばれた。

「ドラゴンクエスト」シリーズ11番目となる本編最新作は、
シリーズの原点に立ち返り「勇者」の冒険を描いた物語。

“懐かしさ”と“新しさ”を兼ね備えた、シリーズの「新たなる原点」となる11番目の冒険、『ドラゴンクエストXI』がいまココに!
 
—— そして、勇者は悪魔の子と呼ばれた。

主人公であるあなたが16歳の誕生日をむかえる日。
村のしきたりである成人の儀をおこなうため、幼なじみのエマとともに神の岩へと向かったが、とある出来事がきっかけで、自らが伝説の「勇者」の生まれ変わりであることを知ることになる。

「勇者」とは何なのか。

その答えを求めて、あなたは故郷を離れ、未知の世界へと旅立つ。
しかし、若き勇者を待ち受けていたのは人々からの歓迎ではなく、“悪魔の子”と呼ばれ、追われる運命だった……。

【早期購入特典】
◆ しあわせのベスト
戦闘後に入手する経験値が増えるイケてるベスト
◆ なりきんベスト
戦闘後に入手するゴールドが増える金ピカのベスト

発売日: 2017年07月29日
販売元: スクウェア・エニックス
対応機種等: Nintendo 3DS
プレーヤー人数: 1人
CERO区分: A 全年齢対象
メーカー品番: CTR-P-BTZJ
JANコード: 4988601009805

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 3DS版

[ 投稿者:shinken43 at 06:04 | ゲーム | コメント(0) | トラックバック(0) ]

エリアンが良いのでは
4月7日のナゴヤドームでの中日ドラゴンズ-横浜DeNAベイスターズの試合は、7-5で中日が勝ちました。

4月8日のナゴヤドームでの中日ドラゴンズ-横浜DeNAベイスターズの試合は、1-1で引き分けでした。

4月9日のナゴヤドームでの中日ドラゴンズ-横浜DeNAベイスターズの試合は、1-2で横浜が勝ちました。

ビジターで1勝1敗1分なら上々だと思うのですが、試合展開から考えるともっと勝てたと思うのでもったいない気がします。というか、中継ぎ投手の登板過多による登板回避により打たれたりしたので、これまでの継投も含めまずい采配が多かったかなと思います。ルーキーの濱口投手がプロ入り初勝利とかルーキーの佐野選手が代打でプロ入り初ヒットが貴重な同点タイムリーとかルーキーが活躍したカードでした。

このカードで気になった点は、以下の感じです。
・進藤投手は回の頭からなら仕事してくれそうだが、ピンチで登板はきつそう。
・パットン投手はただの疲れによる登板回避ならいいけど、初戦も3戦目も登板回避したことから考えると契約で週3回までしか登板できないとかあったりするのか?だとするとこれからも使い方が難しい。
・濱口投手はスタミナは結構ありそう。
・筒香選手が歩かされ、宮崎選手が繋いでも6番以降が弱いから点になりにくい。
・白崎選手は残念ながら相変わらずのようだ。
・倉本選手は長打を求めるのは自重して、去年のスタイルに戻して出塁率と得点圏打率を上げることを目指してほしい。

下位打線は相変わらず弱いし、先発で完投できる投手がいないので中継ぎに負担が来ています。特に期待できないのがクライン投手で、このままだともって5回とか言う投球が続いていきそうです。次の登板はあるけどもしひどい内容なら、先に上げた2つの問題を解決するためにクライン投手を二軍で制球とクイックを中心に調整として、代わりにエリアン選手と久保投手を上げてほしい。久保投手なら6回もしくはもっと長く試合を作ってくれるだろうし、エリアン選手をセカンドで使えば下位打線の強化やセカンドの守備力アップになりそう。ベンチの雰囲気を良くしてくれる効果もあるだろう。後々クライン投手がもっと日本に慣れて良くなるかもしれないことも考えると急いだ方が良いと思うけど。

今日の予告先発は、横浜が今永投手で阪神が秋山投手です。1日ずらしたけど今永投手が登板できるようで一安心。去年のこともあるし阪神は最初に叩いておきたい。そろそろ筒香選手のホームランが見たいけど2日間空いたことでうまく回ってくれるといいけど。
[ 投稿者:shinken43 at 05:21 | 横浜DeNAベイスターズ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

エルセーヌ【最大5つのダイエット特典】目指せ!-8cmやせるエステ体験
エルセーヌ【最大5つのダイエット特典】目指せ!-8cmやせるエステ体験

エステ体験では、女性の気になる体の部分を合計で8cm減を目指します。

エステ体験の方でコースご契約の方には、割引やグッヅ、サロンで大人気のスリミングジェルなど、5つの特典をプレゼントしています。





エステ体験【エルセーヌ】


[ 投稿者:shinken43 at 05:09 | 美容・健康 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月07日
バントしてもいいんだけど
4月5日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ-読売ジャイアンツの試合は、2-4で巨人が勝ちました。

4月6日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ-読売ジャイアンツの試合は、4-2で横浜が勝ちました。

5日の試合は先発の井納投手がすいすいと行くも先制した後乱れ、もったいない感じでした。その後の中継ぎはみんな抑えたのは良かった。打線は苦手の内海投手相手で調子良さそうでなかったのに残念でした。

6日の試合は先発のウィーランド投手が好投したのですが、6回にスタミナが切れたところの失投を好調の阿部選手に打たれもったいなかった。打線はうまく2点先制するも立ち直った吉川投手に抑えられていたが、7回に梶谷選手のタイムリーで2点を勝ち越しました。ただ気になったのは、同点の7回に先頭打者が出塁したのに次の白崎選手にバントをさせず凡退したこと。幸いその後に四球でランナーをためられたので梶谷選手のタイムリーにつながったけど、あの場面はきっちりバントで良かったのではないか。ヤクルト戦でも似たような場面で失敗したし。梶谷選手を2番にして序盤にバントを自重するのはいいのだけれど、終盤の競っている場面ではバントの方が確立が高そうに思うけど。去年CSに出て選手たちに自信を持たすのはいいけど、采配は謙虚にやってほしい。ただでさえ打線が不調で連打が期待しにくいのだから。

今日の予告先発は、中日が大野投手で横浜がクライン投手です。筒香選手が得意の大野投手相手に爆発してくれるだろう。
[ 投稿者:shinken43 at 18:22 | 横浜DeNAベイスターズ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月05日
今永投手は大丈夫そうということでとりあえず安心
4月4日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ-読売ジャイアンツの試合は、2-5で巨人が勝ちました。

負けたことよりも気になるのは負傷退場してしまった今永投手の状態だが、ラミレス監督は「深刻ではないと報告を受けている」としかコメントしていないが、今永投手を担いで運んだ篠原投手コーチのコメントでは「左足の太ももの裏がつった」とあるので、重大な故障ではなさそうです。詳しくは今日の具合を見てから決めるみたいだが、篠原コーチのコメントでは「次回の登板は問題ないと思う」とのことで前向きに考えておきます。

さて試合の方ですが、今永投手の緊急降板で継投の予定が狂ってしまったというのが大きいと思うが、ラミレス監督が弱点がもうばれてインコースの真っすぐと外スラさえ投げておけば打てそうもないシリアコ選手にこだわった、特に連続三振の後のチャンスの3打席目もこだわったことやパットン投手がもったいないとか三上投手が自分のけん制悪送球から崩れてしまったことなど残念なこともあったけど、倉本選手の今年初ヒットとか宮崎選手の守備とか戸柱捕手の盗塁阻止とか桑原選手が当たりだしたとか代打陣はまだ調子良さそうとか進藤投手はちゃんと使えば良さそうとか良かった点もあったので、あとはシリアコ選手に代えて白崎選手で行ってほしいというのもあるけど4番の筒香選手待ち。ヒットどころかいい当たりすらなかったのでちょっと疲れからか感覚がずれている気がするし、まだ時間がかかるか。今日は左腕投手なのでそこで何かが変われば良いのだけれど。

今日の予告先発は、横浜が井納投手で巨人が内海投手です。巨人の阿部選手がスーパー状態なので怖いですが、こっちもロペス選手がスーパー状態なので何とか打ち勝ってオープン戦も含めハマスタ今年初勝利をあげてくれ。

[ 投稿者:shinken43 at 05:12 | 横浜DeNAベイスターズ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月04日
負けるのはしょうがないけど、なめられるのは勘弁して
3月31日の神宮球場での東京ヤクルトスワローズ-横浜DeNAベイスターズの試合は、9-2でヤクルトが勝ちました。

4月1日の神宮球場での東京ヤクルトスワローズ-横浜DeNAベイスターズの試合は、1-6で横浜が勝ちました。

4月2日の神宮球場での東京ヤクルトスワローズ-横浜DeNAベイスターズの試合は、8-4でヤクルトが勝ちました。

前の記事からハマスタの増築・改修計画を横浜市に提出したとうれしいニュースが発表されたり、連敗のまま9位タイ(セ・リーグだけだと3位タイ)でオープン戦を終了し不安であったりしましたが、いよいよ2017シーズンが開幕しました。

結果としては、ビジターの神宮球場での開幕カードで1勝2敗なので、投手のメンツを考えても想定内と言えばそうだし、3戦目をうまく采配すれば勝てそうだったからもったいないと言えばそうだし、石田投手で負けた後クライン投手と濱口投手でトントンならいいだろうという考えもあるし、いろいろ考えられます。

3戦だけだけど先発投手は3本柱以外は不安と思われていたけど、それなりにやれそうだったのでとりあえず安心。ただ逆に盤石そうだった中継ぎ陣が高崎投手がオープン戦だけだったり、須田投手と田中健投手が去年の疲れからか調子が上がってこないのが不安です。特に須田投手は調子がいい時はもっと腕の位置が上からでタテのスピンをかけてキレのいい真っ直ぐを投げていたと思うので、フォームも違和感があるし球威も上がってこないし故障の影響があるのではと懸念されます。

打線はとりあえず1から4番までは良いとして、それ以降がシリアコ選手と倉本選手と戸柱捕手が調子が悪いのと田中浩選手が思ったより守備が良くないしバントも失敗するし予想通り長打がないので、全く怖さがないです。それが顕著に出たのが3戦目で得点は上位でだけだし、チャンスで筒香選手が敬遠されて5番で凡退は予想通りだし、5番から8番で出塁すら1回だけだし。下位打線からつながれば2戦目みたいに大量得点が見込めるので、いつまでも固執しないで打線をいじってほしい。シリアコ選手はクライン投手が勝ったことでウィーランド投手と交代で二軍行きになるのは確定したので、白崎選手と交代で。田中浩選手も当初は補助的な役割でとったのだろうから、宮崎選手の打撃が良くなってそうなので交代で。倉本選手は打撃不振が守備まで影響しているので柴田選手を試してみたいけど、1本出ればガラッと変わるかもしれないので、とりあえず我慢。捕手は守備を優先したいけど、休養や相性などを考えて打撃の良くなった高城捕手や打撃の良い嶺井捕手を使ったり。いろいろ考えてほしい。

それを踏まえて打順を考えると、2番梶谷選手をこだわるなら1から4番まではそのままで、重要な筒香選手の後の5番は簡単に凡退する確率が一番低そうな宮崎選手にして、チャンスでなければ安打やソロホームランが出そうな白崎選手を6番で、倉本選手を7番で復調すれば白崎選手と交代で、8番は捕手でホーム開幕は行ってほしいです。とにかく投手も含めて5番から9番まで安パイだと予想通りあっさり凡退させられたり、筒香選手を簡単に敬遠されて後続が想定通り凡退したり、相手になめられるのは勘弁してほしい。もうちょっとファンが期待の持てる打線を組んでほしい。そのためには白崎選手が今度こそ覚醒してくればうまくいくのだけれど。

今日の予告先発は、横浜が今永投手で巨人が菅野投手です。ホーム開幕でイベントがあったりしますが、いきなり投手戦というか無援護対決になりそうな先発投手のメンツです。あと今日は巨人戦だけどTVKで中継があります。今年はより力を入れてくれているのだといいのだけれど。

[ 投稿者:shinken43 at 04:19 | 横浜DeNAベイスターズ | コメント(0) | トラックバック(0) ]