掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

ありがとうございました
uWdb0vaT_01s

2015年07月10日
ゴーヤとヤマトシジミ
ヤマト・ゴーヤ

    ヤマトシジミ     シジミチョウ科

今日は、久しぶりに陽が射しています。
庭で育てているゴーヤの花にヤマトシジミが蜜を吸いに・・・

[ 投稿者:えむり at 10:00 | ]

2015年06月28日
続 オオムラサキ


         6月28日 撮影

前回は羽化に間に合いませんでしたので、今日は、朝6時半に着きました。
残念・・・
着いた時には、もう羽化していました。
もっと早朝に羽化したようです。
今度も間に合いませんでしたが、前日に羽化していた♀にも会えました。

今月20日に八王子で偶然オオムラサキに出会ってから1週間。
羽化する瞬間には、会えませんでしたが、羽化したばかりのオオムラサキの
♂と♀に会うことができて、嬉しかったです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:えむり at 13:00 | | コメント(8) ]

2015年06月26日
羽化したばかりのオオムラサキ


     オオムラサキ  タテハチョウ科   6月26日  撮影

オオムラサキを保護育成してる方々のご厚意で、オオムラサキの情報を
いただき、羽化したばかりのオオムラサキに会うことができました。
♂のオオムラサキで、すごくきれいでした。

残念ながら羽化する瞬間は見ることができませんでしたが・・・
まだ、さなぎが何頭かいるので、またチャンスがあるかもしれません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:えむり at 15:00 | ]

2015年06月20日
オオムラサキに会えました!


     6月20日   八王子で 撮影

去年、ゴイシシジミに初めて出会った八王子の公園に出かけました。
ゴシシシジミにも会えましたが、思いがけずオオムラサキに会うことが
できました。

オオムラサキは、タテハチョウ科の蝶で日本の国蝶です。
オオムラサキに会ったのは、初めてで、想像していたより大きな蝶で
翅を広げた瞬間、きれいな青紫色が見えて感激しました。

小さなゴイシシジミ(前翅長約14mm)に会った後なので、
オオムラサキ(前翅長50–55mm)がより大きく感じました。

オオムラサキ2

    オオムラサキ ♂   タテハチョウ科

続きを読む ...
 
[ 投稿者:えむり at 17:00 | | コメント(10) ]

2015年05月31日
ゼフィルスたち


      5月30日〜31日  撮影

ゼフィルスを探しに出かけました。
ゼフィルスは、一年に一度、梅雨の頃だけに現れるミドリシジミの
仲間(およびその近縁種)のことで、ゼフィルスという呼び名は、
ギリシャ語のZephyros(=西風の神)に由来しています。

ミドリシジミ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ、
ウラゴマダラシジミに会うことができました。

他にヒオドシチョウ、イチモンジチョウ、ルリシジミ、ベニシジミ、
アオスジアゲハ、テングチョウにも会えました。

ミドリシジミは、翅を広げてくれませんでしたが、今年も会うことが
できて嬉しかったです。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:えむり at 14:00 | | コメント(4) ]

2015年04月16日
ツマキチョウ 
ツマキ♀カラシナ

   ツマキチョウ ♀ (シロチョウ科)とカラシナ

今年もツマキチョウに会えました。
ツマキチョウは、春だけに現れる蝶で、モンシロチョウより一回り
小さく、♂は前翅表面の先端が橙色ですが、♀は白色です。
ツマキチョウは、なかなか止まってくれませんが、やっと
カラシナやハマダイコンの花に止まってくれました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:えむり at 20:00 | | コメント(2) ]

2014年08月03日
チョウトンボ


      8月3日   撮影

今年もチョウトンボに会えました。
チョウトンボの翅は、日が射すと虹色に輝いてすごくきれいです。

ひらひらと飛ぶ姿が蝶に似ていて他のトンボと飛び方がまったく違います。
体の特徴としては、後羽の幅がかなり広いです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:えむり at 14:00 | | コメント(12) ]

2014年07月23日
ゴイシシジミに会えました
ゴイシ1

   ゴイシシジミ(碁石小灰蝶)  シジミチョウ科  7月23日 撮影

また八王子の公園に出かけました。
笹の間を探していると
やっとゴイシシジミに会うことができました。
初めての出会いです。

ゴイシシジミはシジミチョウ科のチョウで、
翅の表面は一様に黒く、裏面は白地に黒い碁石状の斑点があります。
前翅長約14mmですごく小さなシジミチョウです。

幼虫は日本の全種の蝶の中で唯一の完全な肉食性で、メダケ・クマザサなどの
タケ科植物につくタケノアブラムシ・ササコナフキツノアブラムシなどを捕食します。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:えむり at 17:00 | | コメント(14) ]

2014年07月10日
フジミドリシジミに会えました!
フジミドリ1

    フジミドリシジミ   シジミチョウ科

白神の森 散策道で運よく、フジミドリシジミに会うことができました。
翅の緑色は、少しあせていましたが、♂のフジミドリシジミに会えました。
残念ながら、翅の裏の写真を撮ることはできませんでしたが
今回は、ツアーなので、会うのは無理かなと思っていましたので、
すごく嬉しかったです。

フジミドリシジミは、ゼフィルスと呼ばれる一群の1種で、
山地性ゼフィルスの代表格です。

日本産ミドリシジミ13種のうちでは翅表が最も青に近く、
翅裏は他の多くのミドリシジミ類と違い白色で濃淡の帯を持ち、
尾状突起の付け根に赤斑を持っています。
和名のフジは、最初の発見地が富士山であったことから「富士」の
意味です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:えむり at 12:00 | ]

2014年06月03日
オオミドリシジミ


  オオミドリシジミ ♂   シジミチョウ科    6月3日 撮影

オオミドリシジミに会いに大磯に出かけました。
一昨年、初めて出会った場所ですが、去年は、会えなかったので、
今年は、楽しみにしていました。

高い木の上で♂が3頭、飛び交っていました。
やっと葉の上で止まって、きれいな緑色の翅の表を見せてくれました。
先日は、オオミドリシジミの翅の裏を撮影することができなかったので、
今回は、撮影できて嬉しかったです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:えむり at 14:00 | | コメント(10) ]