掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2014年05月26日
9歳を迎えて
IMG_0451

甘えん坊で寂しがりやの度がさらに増してきているこの頃・・・
先にこちらがあの世に行くことは出来ないなぁとふと苦笑いしてしまう。
反対にこいつが先に居なくなるのもずいぶんなことにちがいない。

生き物によってヒトは計り知れないほど癒され励まされる・・・
その大きさの分だけ別れも辛いことなのだろう。
[ 投稿者:なが月 西 at 14:28 | 今風景 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年12月15日
ミニャ〜を幸せに出来ずして・・・
ミニャ〜添い寝


語る言葉はない・・・
今はもうお外遊びはミニャ〜にとって夢のまた夢・・・
狭い家の中で少しでも猫族としての幸せを感じて欲しい
家を空ける時間が多いと甘え方が激しくなる
まるで何かを訴えるかのように・・・・・
そりゃそうだ生き物としての仲間は他にはいないのだから
きっと寂しかったのだ
ミニャ〜は断じてペットではない
生き物仲間だ!
今朝も何とかして遊びに誘い込もうと
色々仕掛けて来ていたのになかなか相手が出来なかった
しまいに疲れて眠くなり ご機嫌斜め
膝で撫で撫で落ち着かせ、ベッドの脇で添い寝
やっと落ち着いた・・・
猫族の要求なんて人間に比べれば
大したことはない
それができずして、何が出来ようか・・・・・・・・・・

[ 投稿者:なが月 西 at 09:24 | 今風景 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年12月07日
恋敵・・・
にゃ014

玄関先まで連れてくるほどお姉ぇ〜と仲良くなり
順風満帆に進むはずだったミニャ〜の恋だが・・・
猛者猫茶ぁ〜の出現によって事態は一変した
何度かの小競り合いのあと
ある日ひどく傷つけられてミニャ〜が帰ってきた


[ 投稿者:なが月 西 at 19:03 | 思い出 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

お外遊び・・・
CA310017

ミニャ〜は二歳までお外遊びをしていた
その短い間に色々な経験をした
生まれたばかりで親兄弟と離れてしまったミニャ〜
じゃれあいながら憶える猫族のコミュニケーション方法も知らないようだった
今でも爪を立ててじゃれるのはそのためかも知れない
それでも草原で蝶蝶相手に遊んでいる光景はホント楽しそうだった
そうしてある日近所のキレイなお姉ぇ〜とめぐり逢い
つかの間の青春を謳歌していた
[ 投稿者:なが月 西 at 09:37 | 思い出 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年11月23日
猫派・犬派???
ミニャ〜の寝顔

時折猫派・犬派? そう聞かれるときがある・・・
???少し戸惑う、詳しく話すと諄くなるようなきがする
「あぁどっちも好きかな」このくらいにしておいたほうが無難だ・・・
人間も同じ生き物!仲間だ!それが正直な感覚・・・
あるとき営業先でワンワンになつかれて
「めったにヒトになれない犬なのに!!!」
とえらく驚かれ、難しい商談が成立したことがある
仲間意識が通じたのかも知れない
[ 投稿者:なが月 西 at 12:10 | 分析 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年11月22日
俺ミニャ〜の憂鬱
俺ミニャ〜の憂鬱

今日はそうそうにベッドに行ってしまった
朝はもう少し纏わり付いてくる
日差しもなく冷たい朝
ミニャ〜でなくても何となく憂鬱になる
ミニャ〜はトイレに行った後・・・
何故かはしゃぎ回る、照れ隠し、爽快感???
あまり凄い運動会をやられると困ってしまう
それでも元気だと嬉しい・・・
諦め?悟り?何とも言えない眼差しを見せるときがある
こちらの気持ちの有りどころがそう見せるのかも知れないが・・・
命のはかなさを感じてるようだ
[ 投稿者:なが月 西 at 12:25 | ココロの風景 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年11月20日
ニャ〜とそこに暮らす人々
俺ミニャ〜良い気持ち

ミニャ〜が居るようになってから猫関連番組を見る機会が多くなった
猫ちゃんはごく普通のペット、一番ポピュラーなペット
だからこそ猫ちゃんと一緒に暮らす人々のココロ模様は切り離せない・・・
そこに興味をそそられてしまうようだ
マルタの猫、ギリシャの猫などなど、幸せそうだ
イスタンブールでは「猫はアッラーの贈り物」であって
猫を可愛がればココロが限りなく癒される・・・と
街の老人がエサを与えながら言っていた
猫も生まれ落ちる場所や時代によって「猫生」がえらく変わってしまう
今の日本はどうだろう?
どこかの島で人々と楽しそうに暮らしている猫たちの映像をみた記憶がある
でも日常目にする光景は猫ちゃんに過酷なものが多い
とても外には出せないのが現状だ・・・

[ 投稿者:なが月 西 at 09:59 | 生き物とヒト | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年11月15日
俺ミニャーと貧乏
俺ミニャ〜壁紙

最近ミニャ〜とお話ししていて気付いたことがある
これまではミニャ〜の色々な要求をなんとか翻訳しようと
聞き上手を心がけ
飯くれ、白湯くれ、膝貸せ、トイレキレイにして、良い子良い子しろ
などなど大分理解してきたつもりになりかけていたが・・・
親密度が深まる過程で
ふつうの要求とは考えにくい次元の語りかけがあることに気付いた
ミニャ〜にも精神がある
そんなことも科学的に論じられる時代がやがて来るのかもしれないが
2012年時点の想像力ではなかなか及ばないことだ
ただ伝えたい何かがあることは事実だと思う
貧乏とは面白いものだ・・・
貧乏を楽しむなんて言い切ることはとても出来ないが
俗人にカネとヒマがあったら
こんなにミニャ〜と親しくなれなかったとつくづく思う
[ 投稿者:なが月 西 at 08:51 | 生き物とヒト | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年11月14日
今日のミニャ〜
11 12.11

朝の日差しが戻ってきた
乾いた空気の冷たさと光のやわらかさが
晩秋の気配を告げている
すでにミニャ〜の日向ぼっこの季節だ
もう7歳になってしまったミニャ〜
今朝はやけにニャ〜ニャ〜甘ったれていた
いつものように膝でひと時リラックスさせてから
窓越し日だまりのかごの中に連れて行った
PCをたちあげ撮れたての写真をみながら
俺ミニャ〜の元気を願わずにはいられなかった
[ 投稿者:なが月 西 at 11:15 | 今風景 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年11月09日
温もり
俺ミニャ〜温もり

俺ミニャ〜はとても臆病なのだ・・・
家でも未だ完全には気を許していない
もちろん他の人の撫で撫でなどまったく受け付けようとしない
ほんとうは甘ったれで超寂しがりやなのに・・・・・
生まれたばかりに味わった恐怖がどのようなものか
はかり知る事はできないけれど・・・その影響は一生消えなさそうだ
「ビクッ!」物音や何かで驚く様は漫画チックで分かりやすくて
一見可笑しくて可愛らしくもあるのだが・・・・・
背負っているトラウマから逃れることの難しさを如実に表しているようだ
そのミニャ〜が膝でくつろいでいるときに
出来る限りのココロ優しさを注いでみると・・・
何とも言えない幸せそうな仕草や顔をする・・・
こちらも言葉では表せないほどの癒しをもらっている
哺乳類には温もりは、ココロの温もりは欠かせないとつくづく思う
[ 投稿者:なが月 西 at 12:50 | ココロの風景 | コメント(0) | トラックバック(0) ]