掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2019年09月21日
◆上田市長瀬の「日本絵手紙協会公認講師」の下神貴久惠さん(87)が「米寿記念の絵手紙展」(24日まで・上田市中央3の人形会館松葉彌総本店2階)30年ほど前から取り組む絵手紙の作品など150点余を年代順に展示! 長野県 上田市
下神貴久惠さん米寿記念絵手紙展 松葉弥 2019
  【絵手紙作品を展示した下神さん】


 上田市長瀬の日本絵手紙協会公認講師、下神貴久惠さん(87)は、24日まで「米寿記念の絵手紙展」を、同市中央3の人形会館松葉彌総本店2階で開いている。


 30年ほど前から取り組む絵手紙の作品など150点余を年代順に展示。

 自宅の庭に咲く花や野菜、魚などの絵にその時々の思いを言葉にした優しい色合いの作品が並ぶ。

 「描くことが何より好き」という下神さん。いまも毎日筆を執り、自宅などで週3、4回開く教室で指導する。見て感じたことをその場ですぐに描くのが下神さんの制作スタイルで、スイセンの花の絵には「寒くとも凜然として咲きつづける花容に背筋を伸ばして歩むこと教えられて!」と添えた。

 昨年11月に自宅で転倒し急性硬膜下血腫で1カ月半の入院をしたがベッドの上でも描き続けたという。

 長女の渡邉巳佳さん(54)=川崎市=は「母はやると決めたら妥協せずにやり遂げるタイプで、いつも何かに熱中している。これからも好きなことを続けてほしい」と話す。

 下神さんは「絵手紙の魅力は集中し没頭できること。友だちができ、頭も手も使うので健康にいい。けがを乗り越えてこの日を迎えられ感謝でいっぱいです」と感無量の表情だ。

 入場無料。
 展示時間は午前10時から午後5時(最終日午後3時)

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 15:31 | 【イベント・展示・募集・おしらせ】♪週末~ミン ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000582872.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら