掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2019年09月13日
◆長和町の有志でつくる「愛宕さんの会」が「アサギマダラ」の観察会(22、23日・長和町同町長久保の愛宕山桜公園内フジバカマ畑)飛行調査のためのマーキングも行う! 長野県 長和町
長和アサギマダラ観察会 2019 (1)
【愛宕山桜公園内フジバカマ畑のアサギマダラ(昨年)】

長和アサギマダラ観察会 2019 (2)

 長和町の有志でつくる「愛宕さんの会」は22、23の両日、渡りチョウとして知られる「アサギマダラ」の観察会を同町長久保の愛宕山桜公園内フジバカマ畑で開く。
 時間は午前9時から午後3時ごろまで。




 アサギマダラは、浅葱色(薄い藍色・青緑色の古称)の美しい羽を持つ。
 
 日本本土から九州、沖縄、外国まで長距離移動する生態があり「渡りチョウ」とも呼ばれる。
 観察会では、チョウを鑑賞して楽しむとともに、飛行調査のためのマーキングも行う。

 この公園は景観保護や憩いの場づくりとして有志が整備しており、サクラ、ハナモモ、ツツジなど四季折々の植物が花を咲かせる。
 5年ほど前、秋も景色を楽しんでもらおうと、アサギマダラを呼び込む取り組みを開始。
 このチョウが好むフジバカマを植え、チョウが集まる環境を整えた。

 同会の竹内英和さんによると、一昨年9月に初めて1匹のアサギマダラを確認。
 昨年は数多くが飛来し、20匹以上が飛んでいた日もあった。

 竹内さんは「自分でマークしたチョウが遠い地で見つかり、連絡が来れば楽しいと思う。子どもたちにも夢を与えながら、長和にもこのような普段見慣れないチョウが来ることを知ってもらいたい。チョウとのふれあいを通じて、長和の自然を守ってもらえれば」と話した。

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 10:44 | 【イベント・展示・募集・おしらせ】♪週末~ミン ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000582344.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら