掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2019年06月18日
◆上田市が「第5回 上田市総合戦略推進協議会」=会長・岡田基幸ARECセンター長=を開いた!平成28年に「真田丸」効果で増加した観光地延べ利用客数721万人を、なるべく下げないように昨年度は590万人を目標にしていたが、実績は467万人。 長野県 上田市
第5回上田市総合戦略推進協議会 2019
【旧市民会館で開いた推進協議会】


 上田市は、このほど「第5回 上田市総合戦略推進協議会」=会長・岡田基幸ARECセンター長=を、旧市民会館会議室で開いた。
 昨年度、行った地方創生推進交付金などの事業について、委員が達成状況の検証や意見を述べた。


 「上田市まち・ひと・しごと創生総合戦略」で、上田市では今年度までの5年間の総合戦略を進めている。協議会は事業推進に専門的な見地で検証するもの。

 市からは各事業に対して、昨年度の実績から、自己評価で目標に対して「S」が達成や実施、「A」が順調に進捗、「B」が努力や目標見直し、「C」が困難や大幅見直しーの4段階評価が示された。

 「まちなかの賑わい創出と連動した移住定住推進事業」では、平成28年に「真田丸」効果で増加した観光地延べ利用客数721万人を、なるべく下げないように昨年度は590万人を目標にしていたが、実績は467万人。
 総合評価はA。より効果的なプロモーションの展開が必要だとした。
 委員から、首都圏向けのテレビ番組に出たおかげで、首都圏からの客が増えたなどの評価もあった。

 「ブランディング支援事業」では、伝統産業や地元農産物を使った高付加価値の新製品創出の推進で、上田産の無農薬栽培の大豆などを使った健康志向食品の開発や、市内栽培の桑を原料とするせっけん、川魚を活用したイタリアンメニューなど16項目の開発・改良を行った。
 
 昨年度の販売金額目標が300万円に対して、実績は1138万円と4倍近くに達した。
 課題としては、全国的な名産になるインパクトある商品に成長するかどうかで、デザイン力向上や高付加価値化を図るとしている。総合評価はA。委員からは、新しい開発も大事だが現在あるものの底上げも必要という意見もあった。

 「空き家情報バンク運営安定化事業」では、空き家バンクでの成約件数目標が昨年度10件だったが、15件の実績になり、総合評価はA。
 
 ほか、6次産業化推進事業など多くの事業を検証した。

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 14:46 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000576490.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら