掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2019年06月15日
◆新トンネルを含む「青木峠バイパス」の「ルート案」を正式に発表!「国道143号整備促進期成同盟会」が総会を開く! 長野県 青木村
青木峠バイパスルート案 2019
【国道143号青木峠バイパスのルート案】

 「国道143号整備促進期成同盟会」はこのほど、松本市内で総会を開いた。
 この席上で県は新トンネルを含む青木峠バイパス(延長4・3㎞)の「ルート案」を正式に発表した。

 ルート案は現道(延長約11㎞)より北側でトンネルは2本。
 抗口は青木村入田沢、筑北村2カ所、松本市四賀で、筑北村では県道河鹿沢西条(停)線に接続させる計画。

 総事業費は約150億円。
 事業化初年度の今年度事業費は1億2000万円で、地形測量、路線測量、トンネル抗口部と橋梁部のボーリング調査、トンネル全線の弾性波探査を行う予定。

 さらに来年度以降に環境調査、残土処理地検討、道路・トンネル・橋梁の詳細設計、用地測量、用地取得を行った後、本工事に着工する運びとなる。

 現道は道路幅が狭いうえにカーブも多く(93カ所)、トンネルも規格が古く大型車両の通行ができない。
 しかし完成すればこの区間の所要時間は約16分短縮されて約6分になり、大型車両も通行できるようになる。

 このため上田地域と松本・安曇野地域を結ぶ大規模基軸道路として、観光、防災、医療体制の強化や地域間交流などで大きな効果が期待されている。

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 11:18 | ●青木村ニュース ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000576357.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら