掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2019年05月24日
◆長和町で初の「まちづくり講座」が開かれる!自身に出来ることや町に必要なものなどを考え、まちづくりの活動に生かすことが目的!長和町社会福祉協議会が主催! 長野県 長和町
長和町まちづくり講座 2019
   【それぞれの考えを書き込む町民】

 長和町社会福祉協議会は、このほど「まちづくり講座」を和田コミュニティーセンターで開いた。町民ら28人が参加した。
 初めて開く講座で、自身に出来ることや町に必要なものなどを考え、まちづくりの活動に生かすことが目的。
 11月までに4回行う。


 第1回目の今回は、講師を務めるフリージャーナリストの内山二郎さん(76)=長野市在住=が、自己紹介とワークショップを行った。
 
 内山さんは、長野県長寿社会開発センター理事長、県協働推進有識者会議員、長野市社会福祉協議会理事、長野市ボランティアセンター運営委員長などを務めている。

 ワークショップでは、町の良いところや課題点などを4班に分かれ話し合った。良いところでは「星空がきれい」「花が美しい」など、課題点では「空き家が増えている」「子どもが少ない」などの意見が出た。

 集まった意見から「長和町のありたい未来」をテーマに模造紙に思いを書く、バズセッションを班ごとに実施。議論を交わしながら「もっと人口が増えてほしいが、仕事が無いのが現実」「将来の人口が1万人になってほしい」など、それぞれの考えを書き込んでいた。

 最後にグループの意見をまとめ、キャッチフレーズを考え発表した。

 参加者は「難しい課題だが、考えていかなければならない」などと、よりよいまちづくりをしていかなければならないという姿勢を見せていた。

 同町社協の百瀬智子さんは「みんな思いがあることが分かった。この思いにもっと火がつけば、なにか活動ができると思う」と話していた。

 次回は7月26日。
参加無料。
問い合わせ(電話)0268・88・3060(同町社協)




[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 13:27 | ●長和町ニュース ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000575232.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら