掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2019年05月21日
◆上小漁業協同組合は6月22日の「アユ解禁」に向けて稚魚の放流を行う!城下小学校3年生と丸子北小学校3、4年生が「放流体験」! 長野県 上田市
上小漁業協同組合 来月22日解禁 児童が稚アユを放流 城下小 2019
     【アユを放流する児童】


上小漁業協同組合は来月22日の「アユ解禁」に向けて稚魚の放流を順次、行っている。
 17日には城下小学校3年生と丸子北小学校3、4年生が「放流体験」を行った。



 川の自然に親しんでもらおうと、児童の放流体験を毎年行っている。
 城下小は諏訪形グラウンドに教員とあわせて約80人が訪れ、漁協側からアユについて説明を受けた。
 
 この日の朝に琵琶湖から運んだ稚アユ30㎏を放流した。稚アユは体長約10㎝で、重さは7から8gほどのため4000匹程度。

 児童は稚アユの入ったバケツをゆっくり傾け、元気良く泳ぐ稚アユを目で追い「かわいい」「大きくなってね」と話し、放流を楽しんでいた。

 3学年主任代行で1組担任の吉本かをるさんは「子どもたちは、普段は行ってはいけないと言われている千曲川に行けるため楽しみにしていた。アユについて知らない子もいたので、良い体験になった」と話していた。

 上小漁協では解禁までに3500㎏のアユを放流する予定。


[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 19:39 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000575069.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら