掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2019年05月21日
◆通称「マルビ」の丸子修学館高校美術部が「Art remix-HEISEI・REIWA(アートリミックス-ヘイセイ・レイワ)の感性リミックス-」(26日まで・上田市中丸子のカフェギャラリー・ザイデンシュトラーセン) 長野県 上田市
丸子修学館高校美術部 2019
  【店内を彩る作品と部員たち】

通称「マルビ」の丸子修学館高校美術部は、上田市中丸子のカフェギャラリー・ザイデンシュトラーセンで「Art remix-HEISEI・REIWA(アートリミックス-ヘイセイ・レイワ)の感性リミックス-」を開いている。
 26日まで。




 1年生から3年生までの全部員15人が油性画やアクリル、イラスト、立体画など37点を展示。
 タイトルの「Art remix」には、新入生も上級生も感性を混ぜ合わせ”新しいモノ”を作りたい、という想いが込められている。

 部長の高寺美桜さん(3年)の大きな作品は、カクテルの「キール」が意味する「最高の巡り合わせ」がテーマ。独特な世界観と色合いが特徴的で、作品の人物は昨年まで教わっていた恩師をモデルにした。

 上野可純(同)さんは、将来の希望や不安を表現した「夢幻の最果て」。堀内瞳さん(2年)は氷の国をイメージした作品。武井翠さん(1年)は花と女性を描いた作品などを出展した。

 その他にも、部員全員の力作が店内を彩っている。
 同部は地域巡回バスのラッピングデザインや高齢者施設の看板制作など地域活動にも積極的に参加している。

 高寺さんは「今のメンバーで行う最後の作品展。これからは文化祭に向け、みんなで作品を作り上げたい」と意気込んでいる。

 平日は、午前10時から午後2時半(土日は午後4時まで)。
 (電話)0268・42・6673(同店)

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 12:39 | 【イベント・展示・募集・おしらせ】♪週末~ミン ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000575027.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら