掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2019年01月12日
◆上田市浦野、市立浦里小学校の児童が「わら馬作り」に挑戦! 地域住民らがつくる学校支援組織「お助け隊」の「わら馬つくり隊」が教える!  長野県 上田市
浦里小学校でわら馬作り 2019 (1)
【地域の人に教わりながらわら馬作りに挑戦】

浦里小学校でわら馬作り 2019 (4)
浦里小学校でわら馬作り 2019 (5)


 上田市浦野、市立浦里小学校(片桐芳之校長)の4年生から6年生25人は10日、同校体育館で「わら馬作り」に挑戦した。

浦里小学校でわら馬作り 2019 (2)
浦里小学校でわら馬作り 2019 (3)


 児童は地域住民らがつくる学校支援組織「お助け隊」の「わら馬つくり隊」(今井紹夫隊長)の会員ら11人に教わりながら1人1体ずつ完成させた。

 材料は5年生を中心に全校で取り組む米作り学習の稲わらを使用した。できあがったわら馬は頭が大きかったり、ずんぐりしていたりと個性豊か。職員室前の廊下に展示した後、それぞれの自宅に持ち帰る。

 6年の野村はなさんは「すごくうまくいきそう。家族が元気で、マラソンで長く走れるようにと願いながら作っている。わら馬はいつでも見られるように部屋に飾ります」。

 5年の井上雄晴君は「大きくて力強い馬にしたい。今年はサッカーを頑張ってハットトリックしたい」と話していた。

 地域住民によるわら馬作りの指導は40年ほど前から続く同校の伝統。今井隊長(83)は「途中で投げ出す子は1人もおらず、全員が最後までやり遂げるのはすごいこと。夢中になって取り組む姿は素晴らしい」。

 隊員の小泉強さん(70)は「昔から小学校に寄せる地域の思いは強い。児童数は減っているがきめ細やかな指導がされており、社会に出て能力を発揮してくれると思う」と期待を寄せる。

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 15:44 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000567769.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら