掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2018年10月11日
◆青木村の藍染作家、渡利久江さん(71)が自宅で「秋のつどい」展(13、14日)東信や東京などで活動する手仕事作家6人が展示! 長野県 青木村
青木村で6人展 「秋のつどい」 2018 (1)
   【展示品の一部と渡利さん】 

青木村で6人展 「秋のつどい」 2018 (2)
【会場となる渡利宅】

 青木村村松の藍染作家、渡利久江さん(71)宅で13、14日、東信や東京などで活動する手仕事作家6人の「秋のつどい」展が開かれる。
 昨年に続き2回目。

 展示は500点余。「人形や小物」は長和町の石原治子さん。和布などを使った小物やほっこりした人形が並ぶ。「ステッチニット」は平林幸子さんと斎藤由利子さん。刺すように編む技法のセーターやコートはデザインも都会的。「藍染・織物」は戸田雅子さん。藍染の力布を貼り合わせた一閑張の箱は見事。ブドウやクルミで編んだ「カゴ」はプロ作家の喜多共子さん。花入れなど暮らしを彩る作品は表情豊か。

 藍染歴20年余の渡利さんは本藍染でタペストリーや洋服、ストールなど。絞りを効かせたモダンなデザインが魅力だ。

 「5年前に夫婦で東京から移住しました。手仕事を通じて人が集まり交流できる場所にしたい」と話す。温かな人柄に友人の輪が日ごとに広がっている。

 両日は自宅のリビングや離れなどが会場。夫の仁さんや友人らが来客をもてなしコーヒーの振る舞いもある。「どうぞゆっくりしていってください」。

 場所は国道143号線から村松神社を目指す。村松西公民館からすぐ。
 目印の看板と駐車場有り。
 両日午前10時開場。
 13日は午後4時、14日は午後3時まで。
 入場無料。

 問い合わせ(電話)080・4720・8717(渡利さん)

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 14:00 | 【イベント・展示・募集・おしらせ】♪週末~ミン ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000559789.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら