掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2018年06月20日
◆上田市に「信州大学オープンベンチャー・イノベーションセンター(OVIC・オービック)」が完成!信州大学の研究成果を、ベンチャー企業などが事業化するための新たな拠点施設! 長野県 上田市
信州大学オープンベンチャー・イノベーションセンター開所式・テープカット 2018
   【テープカットで開所を祝う】


信州大学オープンベンチャー・イノベーションセンター開所式・学長あいさつ 2018
 【式典であいさつする濱田州博学長】

 上田市踏入に「信州大学オープンベンチャー・イノベーションセンター(OVIC・オービック)」が完成した。
 信州大学の研究成果を、ベンチャー企業などが事業化するための新たな拠点施設。
 19日に関係者らが集まって開所式を現地で行った。


信州大学オープンベンチャー・イノベーションセンター開所式・内覧会 2018
     【内覧会】

信州大学オープンベンチャー・イノベーションセンター開所式・学部長 2018
     【下坂誠学部長のあいさつ】


信州大学オープンベンチャー・イノベーションセンター開所式・副知事ふいさつ 2018
     【太田寛副知事のあいさつ】

信州大学オープンベンチャー・イノベーションセンター開所式・文科省松尾審議官 2018
     【文科省大臣官房の松尾泰樹審議官のあいさつ】

 OVICは、信大繊維学部のキャンパスの東側農場と道路を挟んで向かいに位置し、鉄骨造2階、延床面積約1800㎡、入居できる部屋が19室、共用で多目的ルームやラウンジ、商談室、化学実験対応のレンタルラボもある。
 施設は、信大と長野県の共同提案事業で、文部科学省「地域科学技術実証拠点整備事業」に採択され、事業費7億円(全額国補助)。

 繊維学部内には、従来から産学官連携で共同研究のレンタルラボもある浅間リサーチエクステンションセンター(AREC・エーレック)や、繊維系の試作や評価などができるファイバーイノベーション・インキュベーター(Fii)がある。
 OVICは、大学の研究シーズと企業の力を結集し、大学発ベンチャーの支援などを目的にしている。入居できる部屋は全部で19室あり、すでに17室が埋まっている。
  
 空き部屋は46㎡の1階2部屋で、化学実験対応、一般企業は月額9万9360円。
 学内研究者・大学発ベンチャーの場合は5万4650円。
 入居要件は、OVICの設立趣旨に合致する研究開発を行う企業・団体など。

 開所式では信大の濱田州博学長、下坂誠学部長、県の太田寛副知事、文科省大臣官房の松尾泰樹審議官、OVICの中村宗一郎センター長らがテープカットで祝った。
 
 農場や太郎山が見えるラウンジで式典を行い、濱田学長は「地域の産学官連携を強力に推進する拠点として、信大の強みと、長野県産業の特徴を生かし、製品化・事業化を実現し、研究成果の社会実装を推進したい。企業、研究機関、民間団体の皆さんに利用してほしい」。
 
 太田副知事は「信州大学の材料技術は貴重な資源。海水を淡水化するナノカーボン膜など研究開発プロジェクトが多数ある。開所したセンターはプロジェクトの事業化を推進する中核拠点。歩行アシストロボットスーツ・クララがモデル事例で、県としてベンチャーや共同研究成果の事業化を支援したい」とそれぞれあいさつ。中村センター長が「地方創生への期待に応えたい」と決意を述べた。

 式典後に入居団体が事業化の状況を発表。大学発ベンチャー企業「Assist Motion株式会社」=クララ開発、量産を目指す=の社長、橋本稔特任教授は2020年に量産化をすることを語った。
 
 国際ファイバー工学研究所の石澤広明教授(IFES・OPERA4研究グループ代表)は、光ファイバセンサで採血することなく血糖値などバイタルサイン測定ができるヘルスケア衣などを開発、できるだけ早くベンチャー企業を立ち上げるとした。 

 また、大学発ベンチャーの(株)スキノスが発汗計測技術を生かした発汗計を販売し、自律神経や覚醒水準、疲労などの評価にも活用、指輪型デバイスの開発目標を発表した。

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 16:44 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000554470.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら