掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2018年06月13日
◆東御市のデマンド交通「とうみレッツ号」 利用者減少も料金改定などから、前年比約110万円の増の約695万円!<東御市議会6月定例会・一般質問>2018 長野県 東御市
 東御市議会6月定例会は12、13日に一般質問を行い、1日目は6議員が質問した。
 山浦利通議員は、市民の需要に応じて運行されるデマンド交通「とうみレッツ号」について質問。

 市側の説明によると、平成29年度のとうみレッツ号の利用者数は延べ3万1000人余で、前年比1600人余の減少となった。
一方、料金収入は昨年10月の料金改定などから、前年比約110万円の増の約695万円となった。

また、定時・定路線バスを含めた29年度交通システム全体の運行経費は約8100万円で、昨年10月のデマンド交通土曜日運行開始などから、前年比約380万円の増となった。
デマンド交通の利用者の多くは高齢者で、市の見解では運転免許を保有する高齢者が多いことなどがデマンド交通利用者減の大きな要因としている。

 東御市のデマンド交通は、昨年10月から土曜日運行やコーディネーターの設置など、来年9月までの2年間を試行期間として利便性を高めるための運行見直しを行った。
金井泉産業経済部長は「地域公共交通は、東御市に限らず山間部を中心に運営が困難になってきており、昨今では交通弱者対策として地域の公共交通を確保・維持するための行政による支援が一層求められている」とし、引き続きデマンド交通の研究を続ける方針を示した。

 このほか12日の質問は
▽髙森公武議員は、区内道路点検、人口減少、市の施設、子ども議場見学・子ども議会開催
▽平林千秋議員は、東御市民病院、ゆぅふるtanaka
▽阿部貴代枝議員は、市民主体のまちづくり、子どもたちの生活環境、空き家対策
▽佐藤千枝議員は、介護予防と健康増進、市職員が生き生きと働ける職場づくり、小中学校の水泳教育
▽田中信寿議員は、里山・森林や林道整備、土砂災害対策─など。


[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 21:34 | ●とうみニュース ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000554069.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら