掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2018年05月18日
◆「小諸地域野球協議会」が小諸市内の保育園と幼稚園にティーボールセットをプレゼント! 野球普及活動の一環! 長野県 小諸市
小諸地域野球協議会保育園にティーボールセット寄贈 2018 (2)
小諸地域野球協議会保育園にティーボールセット寄贈 2018 (1)
【小諸幼稚園で行われたティーボール交流会】


 小諸市の野球関係者らでつくる「小諸地域野球協議会」は、市内の保育園と幼稚園にティーボールセットをプレゼントした。野球普及活動の一環。

 ティーボールは、子どもから高齢者まで一緒に楽しめる、野球に似たニュースポーツ。
 ピッチャーがいない代わりに、本塁に設置されたスタンド(バッティングティー)に置かれたボールをバットで打つ。打者はベースを回り得点につなげる。

 協議会では今年度事業として、幼・保育園児でもプレーできるティーボールの道具セット寄贈を計画。合わせて、ティーボールで一緒に楽しむ交流会も実施した。

 小諸幼稚園(山田伸園長)ではこのほど、小諸高校野球部の丸山雄三監督と高橋健亮主将(3年)=同市加増=ら部員4人が訪れ、ティーボールセット寄贈式と交流会があった。

交流会で行ったゲームのルールは、打者がボールを打ち、守備が本塁にボールを戻すまでに、打者が通過したベース数を得点とするシンプルなもの。
プレーした年長クラスは、初めて行うゲームで分からないことも多かったが、部員や保育士と一緒に楽しんでいた。

 同園主任の田口恵美子さんは「子どもたちはこれまでサッカーやドッジボールをしていた。よい道具を頂いたので、今後はティーボールでも遊びたい」。

高橋主将は「ティーボールを入口に野球に興味を持ってもらい、昔のように野球が活気づいてくれれば」と話した。
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 12:04 | ●こもろニュース ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000552239.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら