掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2018年05月18日
◆「マルビ」の通称で活動する丸子修学館高校美術部「Primavera(プリマヴェーラ)展」(27日まで・上田市中丸子のカフェギャラリー、ザイデンシュトラーセン)
マルビのカフェ展 ザイデンシュトラーセン 2018 (1)
    【作品を展示した「マルビ」のメンバー】
 
マルビのカフェ展 ザイデンシュトラーセン 2018 (2)



 「マルビ」の通称で活動する丸子修学館高校美術部は27日まで、上田市中丸子のカフェギャラリー、ザイデンシュトラーセンで「Primavera(プリマヴェーラ)展」を開いている。

 1年から3年までの全部員13人が絵画や立体の近作30点を展示した。作品展のタイトルには「春に咲く花のように小さいけれど楽しい作品を作っていこう」という思いを込めたという。

 部長の増田瑠奈さん(3年)のアクリル画「雨のち宝石」(50号)は青を基調に、湖上を歩くクジャクを描いた作品で「自分の中にあるきれいな風景」を描いたという。
 「美術部は学年に関係なく仲が良く、和気あいあいと活動している。大切な居場所です」。

 1年生2人は入部後に初めて制作したアクリル画を発表。オオカミを描き「弱者故虎視眈眈」と題した堀内瞳さんは「制作している時はどうなるか分からなかったが楽しみながら描けた」。
 
 櫻井愛美さんは「アニメやイラストが好きだが、これからはいろいろな作品に挑戦したい」と意気込んだ。

 同部は地域巡回バスのラッピングデザインや高齢者施設の看板制作など地域活動にも積極的に参加している。
 
 顧問の上原一馬教諭(42)は「作品づくりは自分を表現する手段。作品を通じて人の役に立つ活動をしていきたい」と話していた。

 水曜定休。
 平日は午前11時から午後2時半(土日は午後4時まで)。
(電話)0268・42・6673(同店)

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 12:01 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000552238.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら