掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2018年05月16日
◆上田市の無言館館主「窪島誠一郎さんの講演会」(20日・上田市のサントミューゼ多目的ルーム) 上田市で昭和27年に創刊した詩誌「樹氷」の会が主催! 長野県 上田市
詩誌「樹氷」の会が窪島誠一郎講演会と美術館ツアー 平野さん 2018
【参加を呼びかける小林代表】

 上田市で昭和27年に創刊した詩誌「樹氷」の会は20日、午後1時半から、同市天神3のサントミューゼ多目的ルームで同市古安曽の無言館館主「窪島誠一郎さんの講演会」を開く。
 窪島さんは夭折の画家の作品を展示した信濃デッサン館(今年3月に閉館)の館主も務めており、同館が代表作「尿する裸僧」などを所蔵する村山槐多(明治29〜大8)について講演する。

 槐多は結核のため22歳の若さで亡くなったが洋画や詩などに豊かな才能を発揮した。
 当日は講演後に座談会も予定しており、槐多の作品を味わいながら高村光太郎や山本鼎ら槐多とゆかりのある芸術家の視点も踏まえて槐多について話し合いたいという。

 同市緑が丘の小林光子代表は「槐多の詩の感覚的な鋭さには感動する。真摯に生きた青年がいたことを知り、その思いを皆で考え合いたい」と広く参加を呼びかけている。

 同会は現代詩を好きな仲間が新しい感覚を求めて制作に取り組んでおり、詩誌「樹氷」は昨年12月に176号を発行した。
 講演会は入場無料。対象は中学生以上。

 また、8月5日には無言館と第二展示館を鑑賞する「夏の美術館ツアー」を開く。JR上田駅温泉口に午前9時に集合し、マイクロバス2台で向かう。入館料のみ自己負担(バス代は無料)。定員50人。
 2つのイベントは市のわがまち魅力アップ応援事業。

 問い合わせは(電話)0268・24・3176(小林代表)

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 11:39 | 【イベント・展示・募集・おしらせ】♪週末~ミン ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000552107.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら