掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2018年03月13日
◆佐久平駅北の元麻布ギャラリー佐久平が高校生による初めての作品展「セルフポートレート─高校生が見た自分─」を開催!18日まで! 長野県 佐久市
高校生による初めての作品展「セルフポートレート─高校生が見た自分─」丸子修学館 2018
 【丸子修学館高校美術部の制作風景】

 佐久平駅北の元麻布ギャラリー佐久平は18日まで、高校生による初めての作品展「セルフポートレート─高校生が見た自分─」を開催。
 岩村田高、上田高、佐久平総合技術高、野沢北高、野沢南高、丸子修学館高の美術部・班やその顧問らが出展。

 セルフポートレート(自画像)の解釈を拡大し、自分を表現する作品であれば、動物や生物などの絵や立体作品でも出展可能とした。
 ただし、作者がしっかりと構想や意味を説明できることが条件。出展者は若者らしい多感さや柔軟さから、一人ひとりが個性豊かな作品を完成させた。

 ギャラリーの大谷典子さんは、「高校生を若手作家として扱ってお誘いした」と話している。

 丸子修学館高校の美術部(顧問・上原一馬教諭)は部員全員の11人が出展。

 増田瑠奈さん(2年)=東御市=は、風景画を出展。地元である八重原の景色が自分を表現しているといい、「自分は時間と共に変わっているが、地元の風景は昔からほとんど変わっていない」と話した。

 三澤恵さん(2年)=東御市=は、草木の中に潜むピーターパンがモチーフの人物画を描き「進路を考える必要がある時期、大人になりたくないという自分の葛藤の表れ」と言う。

 新村衣梨奈さん(1年)=上田市=は粘土で立体作品を制作し、「色やふわふわした感じなど、自分が好きなものを詰め込んだ人形を作った」と話す。

 上野可純さん(1年)=上田市=は、クラゲの絵を制作。「クラゲは短い命だが、美しく魅力的で人気がある」と話し、クラゲと自分の理想を重ねた。

 時間は午前11時から午後7時。
 入場無料。
 18日1時頃からギャラリートーク。

 問い合わせ(電話)0267・67・5564(同ギャラリー)。

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 15:03 | 【イベント・展示・募集・おしらせ】♪週末~ミン ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000548738.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら