掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2018年02月13日
◆平昌オリンピックのスノーボード女子ハーフパイプ、今井胡桃選手(18)の「パブリックビューイング」!今井選手の地元、上田市の北部柔道場で行われる!主催は「栄町常会胡桃ちゃんを皆で応援する会」! 長野県 上田市
スノーボードハーフパイプ女子予選 今井胡桃の1回目2(読売提供)
  【今井選手(提供・読売新聞社)】


今井胡桃 オリンピック・現地での応援 2018
  【今井選手の現地の応援。家族と後援会・上田スキークラブの役員ら(父・今井さん提供)】

今井胡桃選手パブリックビューイング 2018
【「胡桃ちゃん頑張れ」と声援を送る会場】

 平昌オリンピックのスノーボード女子ハーフパイプに出場した今井胡桃選手(18)の「パブリックビューイング」が12日、今井選手の地元、上田市の北部柔道場で行われた。有志約120人が集った。
 主催は「栄町常会胡桃ちゃんを皆で応援する会」。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 〈現地から今井選手の父・義幸さん〉
 「1本目はハーカンでグラブが出来なかったのと、着地がずれたミスがあり、滑り自体は良かったので、ジャッジを相当悩ませたと思います。
 2本目はフロント720で着地が流れ、次のハーカンを打つ所がキャブ360になってしまった所が、ポイントが伸せなかった所だと思います」と競技を振り返りながら「しかし、眼窩底骨折など大きな怪我を克服し、あの小さな体で大きな舞台で頑張る姿を見た時は涙が出ました。結果は残念でしたが得たものはとても大きなものに違いないと思います。小さな胡桃が大きく見え、誇らしく思います。
 本当に後援会(若林邦彦会長)をはじめ、沢山の方々の応援を受けてここまで来れましたことに大変感謝致しております。
 4年後はメダルをとりたいと胡桃は張り切っています」。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


 スノーボード女子ハーフパイプで初出場の今井胡桃選手(18)=佐久長聖高校3年=の晴れ舞台をテレビ中継を見ながら応援しようと12日、今井選手の地元にある丸子北小前の北部柔道場に有志約120人が集った。主催は栄町常会胡桃ちゃんを皆で応援する会。

 6番目に登場した今井選手。会場からは「頑張って胡桃ちゃん」の大歓声があがった。地元、飯沼自治会の吉池孝一会長らも声援を送った。

 強風の中、今井選手は競技2本目、フロントサイド900、バックサイド540と難易度の高い技を決めたが、3つ目のエアの着地で手をつき失速。得点は50・00と1本目の記録54・75を上回れず結果は15位予選敗退となった。

 会場には佐久市に住む今井選手の兄勇人さんと「必勝」のはちまきで応援する祖母の昭子さんの姿もあった。勇人さんは「胡桃は5人兄弟の末っ子。明るくて誰からも好かれる妹で家族の自慢。まだ若い。これからも頑張ってほしい」と話し、照子さんも地域への感謝を述べた。

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 19:53 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000547310.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら