掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用 おおら
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2017年10月13日
◆小諸市の食と健康と風土のまつり「信州小諸ふーどまつり」が開催! ㈱大栄製作所と越中屋の「マグロの解体ショー」人気! 長野県 小諸市
ふーど祭り2017
【多くの人が集まったマグロ解体ショー】

 小諸市の食と健康と風土のまつり「信州小諸ふーどまつり」が8日、市役所や相生町など市街地で開かれた。

 今回で23回目となり、小諸厚生総合病院「病院祭」と同日に開催した。
 骨董品や着物、玩具などが並んだ北国街道小諸宿骨董・蚤の市、野菜が並んだこもろ軽トラック市なども同時開催された。

 ふーどまつりでは、こもろん味噌焼きそば、学校給食のふるまい、キッズ家づくり体験、ハンドメイド作家が集まる小諸まちなかマルシェなどさまざまなイベントが行われにぎわった。

 ㈱大栄製作所(加増)と越中屋(荒町)は「マグロの解体ショー」を越中屋店舗前で実施し、その場でさばいた刺身を無料でふるまった。

 このイベントは、大栄製作所が、創立45周年を記念して企画したもの。
 長崎近海で獲れた50㎏オーバーの本マグロを仕入れ、職人が解体を行った。
 事前に配布された整理券300枚が20分で終了するほど大盛況で、多くの人がショーと刺身を楽しんだ。
 
 また、会場では市立小諸図書館への寄付の呼びかけも行った。

 同社の塩川秀忠社長は「みなさんが喜んでもらえるようにとマグロ解体ショーを考えた。予定していた45㎏を超える大きさの、冷凍ではない冷蔵マグロを手配しできた。今後も感謝の気持ちで、地域貢献したい」と話していた。


[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 15:40 | ●こもろニュース | トラックバック(0) ]

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/a12591/0000540263.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000540263.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら