掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用 おおら
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2017年09月13日
◆小諸市の小諸高原美術館・白鳥映雪館で「白鳥映雪と能」がコラボしたイベントが開催! 白鳥画伯の「羽衣」の前で重要無形文化財保持者の松木千俊さんが舞う! 長野県 小諸市
小諸高原美術館開館 20周年「 白鳥映雪と 能」 2017 (2)
   【「羽衣」の前で能を演じる松木さん】

小諸高原美術館開館 20周年「 白鳥映雪と 能」 2017
   【松尾さんの能とお囃子の竹内さん(左端)】

 〃ようこそ能楽の世界へ〃ー。
 小諸市の小諸高原美術館・白鳥映雪館で、10日「白鳥映雪と能」がコラボしたイベントがあった。

 館内では、白鳥画伯の代表作「羽衣」の前で観世流能楽師で重要無形文化財保持者の松木千俊さん(55)=東京=の羽衣の舞いの実演があった。
 
 かつて首相官邸に展示された大作「羽衣」の前で実際の羽衣の装束を着た松木さんの熱演に会場はわいた。

 「羽衣」と能のコラボに先立って、坂城町の能舞いグループ松尾文子さんの能と東御市の竹内春彦さんらのお囃子グループの共演による能もあった。
 坂城の小中学生による能の披露もあった。

 能面について観客に分かりやすく説明した松木さんは「能は霊魂をしずめたり、五穀豊穣を願うもの。日本の優れた芸術を盛んにしたい」と話していた。

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 13:51 | ●こもろニュース ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000538659.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら