掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用 おおら
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2017年03月21日
◆写真愛好者グループ「光友会」の初の「年度賞コンテスト表彰式」!上田市中丸子の丸子中央病院で! 長野県 上田市
光友会年度賞コンテスト2017 講評
【右から講評する勝山院長、吉池さん、滝沢さん、橋詰さんら】

光友会年度賞コンテスト2017 最優秀賞「朝日に向かって」
    【最優秀賞、吉池さんの「朝日に向かって」】

光友会年度賞コンテスト2017 優秀賞「風花」
    【優秀賞、滝沢さんの「風花」】

光友会年度賞コンテスト2017 入賞「白鷺舞踏」
    【入賞、橋詰さんの「白鷺舞踏」】

 写真愛好者グループ「光友会」の初の年度賞コンテスト表彰式がこのほど、上田市中丸子の丸子中央病院1階ロビーで開かれた。
 会員11人が昨年1年間に発表した作品を同院の勝山努院長らが審査し、入賞作品3点と入選7点を選んだ。
作品は31日まで同院ロビーに展示している。


 勝山院長は「撮影の苦労が察せられる作品が多く、力作ぞろいだった」と講評した。

 最優秀賞は同市生田の吉池定則さん(65)が昨冬、同市大屋の千曲川で撮影した「朝日に向かって」。川霧の中を一斉に飛び立つ10数羽の白鳥を詩情豊かにとらえた。吉池さんは「鳥は動きがあるし姿もかっこいい。見た人がなごむ写真を撮りたい」。

 優秀賞は同市武石鳥屋、滝沢詳治さん(61)の「風花」。厳冬の蓼科高原でシラカバを見上げ、枝から落ちてくる氷をシャッタースピードを遅くして撮った。「その瞬間を残せるのが写真の魅力」と滝沢さん。

 入賞した青木村田沢、橋詰榮一さん(67)の「白鷺舞踏」は大きく羽を広げた2羽のシラサギが向き合う。橋詰さんは「カメラは面白い。どのレンズでどう撮るのか構想を練るのが楽しみ」と話す。

 入選は同市長瀬の北沢親護さんの「二人並んで」、同市平井の竹花昭雄さんの「求愛」「水面を蹴って」、吉池さんの「ラブラブ」「滴の中で」、橋詰さんの「気合快晴」、滝沢さんの「清流に咲く」。



[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 10:37 | 【イベント・展示・募集・おしらせ】♪週末~ミン ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000527888.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら