掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用 おおら
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2017年03月21日
◆株式会社コロナ=本社・新潟県三条市= 会長、内田力氏(71)にインタビュー!上田郷友会の会員、3月例会にも訪れる!
コロナ 内田会長の講演2017
【株式会社コロナ(新潟県三条市)会長、内田力氏】

 新潟県三条市に本社がある暖房機器、空調・家電機器、住宅設備機器の製造・販売の株式会社コロナの代表取締役会長、内田力氏(71)は、上田市にたびたび訪れ講演など行っている。

 また、真田神社、映画うさぎ追いし、流鏑馬、上田市倫理法人会、上田郷友会など多大の支援をしている。
 今年、上田郷友会の会員となり、このほど開いた3月例会にも訪れた。

 「上田は非常に好きなところです。エゴマ、マコモをつくるなど自然を取りもどすための活動として里山の再生を進め、縄文の心が色濃く残っている。私のところ(三条市)と上田は、信濃川の上流という川のつながりがあります。また、真田氏と謙信と直江兼続(愛と義の精神)の繋がりもあります。私が上田とご縁ができたのは今は亡き家氏しげ子さん(上田市)が久世東伯先生を招き、東伯先生と共に来たことがきっかけです。人の心と心のつながりもあります。上田は日本のへそであり、半盆地のため上から下への氣の流れがある。氣は川に沿って流れるため上田にはエネルギーがある。(現代社会では)物を工夫して作ることが少なくなり、自然とのコミュニケーションという感性が失われている。上田にはその感性がまだある。ここは恵まれた場所だが、松がれが多い。山が弱ってきている。人間の氣を受けやすい。上田の人の意識が停滞している」。

 内田氏は健康の研究を押し進める中で「生命の元は大自然の中にある」とし、自然を取り込む新たな事業「アクア・エア事業」を立ち上げた。そして2008年、大自然にあるマイナスイオンに着目。それを人工的に作りだすという世界初の商品「ナノミストサウナ」「ナノフィール」を発売した。この中に入っていると血液がきれいになり、体が元に戻り元気になるという。

 また、平成21年には微生物農法に興味を持ち、農業の参入に踏み切り、翌年、株式会社コロナアグリを設立し、農業生産法人の認可を受けた。農薬なしの米作りに着手するため地元食品会社他との協議会を設立し有機肥料の研究を開始、平成23年には 「コロナ米」商標権取得した。

 同社は昭和12年、石油コンロの製造工場として新潟県三条市に内田会長の父、内田鐵衛氏が創業。
 内田力氏は新潟大学工学部を卒業し、昭和43年4月同社へ入社、 昭和58年代表取締役社長、平成28年4月代表取締役会長に就任(現任)した。

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 10:19 | ■ ひと ■ ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000527886.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら