掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用 おおら
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2017年02月17日
◆国土交通省の「空き地等の新たな活用に関する検討会」に上田市の母袋創一市長が地方自治体では”唯一”参加!事例発表を行う!長野県 上田市
写真④空き地活用検討会2017
【検討会での母袋市長(上田市提供)】

 国土交通省は「空き地等の新たな活用に関する検討会」をこのほど都内で開き、地方自治体では唯一、上田市の母袋創一市長が委員として参加し、初回に上田市の事例発表を行った。
 検討会は、昨年8月に国土審議会の土地政策分科会企画部会でまとめた「土地政策の新たな方向性2016」を踏まえ、新たな有識者会議で、土地の最適活用や創造的な活用、放棄宅地化の抑制などを目的に空き地などの施策を検討するもの。委員は12人。

 母袋市長は、上田市の取り組みとしてJT跡地の活用、街なみ環境整備事業などを進めることで柳町にあった6カ所の空き家が埋まった事例、真田丸関連ではドラマ館のほかに真田十勇士ガーデンプレイスや真田茶屋でコンテナハウスを活用した施設づくりなどを紹介した。

一方で、移住定住などにも関連し、空き家と農地のセット売却物件の場合、農地法などの問題で農業者以外が農地として購入するには制約があるなど、農地活用の課題を語った。

 検討会は6月まで計4回行う予定。


[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 21:08 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000525944.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら