掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用 おおら
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2017年01月11日
◆上田市の浦里小学校の児童が「わら馬作り」に取り組む!「お助け隊」の「わら馬つくり隊」のメンバーが指導!長野県 上田市
浦里小学校 わら馬つくり2017 (1)
【真剣な表情でわら馬作りに挑戦】

浦里小学校 わら馬つくり2017 (2)


 上田市浦野、浦里小学校(柳町照明校長)の5、6年生26人は11日、同校体育館で「わら馬作り」に取り組んだ。

 保護者や地域住民らがボランティアで学校を支援する「お助け隊」の「わら馬つくり隊」(今井紹夫隊長)のメンバー10人が指導した。

 今井隊長(81)=同市越戸=によると同地域では2月8日の早朝に餅をつき、わら馬に載せて道祖神に供える風習があったといい、地域住民によるわら馬作りの指導は40年以上前から続く同校の伝統となっている。

 児童はわらの束ね方やない方などを手を取って教えてもらいながらわら馬作りに挑戦。できあがったわら馬はすらりとして足が長かったり、目玉が大きくてひょうきんな表情だったりと個性豊か。職員室の前の廊下に展示して、全校の児童にお披露目した後はそれぞれの自宅に持ち帰る予定だ。

 5年の高橋悠広君は「首のところのわらをもっときれいに巻ければ良かったけど、いい馬ができた。家の玄関に飾りたい」。
6年の西澤華さんは「速く走る馬をイメージして作った。今年はこの馬をお守りにして、勉強も頑張りたい」と張り切っていた。

 指導した上原きよみさん(79)=同市浦野=は「素直で一生懸命に挑戦する子どもたちを見ると、こちらも自然に気持ちが高まって心ひとつに作ることができた。子どもたちと交流すると若返ります」と話していた。
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 20:27 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000523338.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら