掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用 おおら
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2016年03月13日
◆東御市の酒井医院、酒井康弘院長(71)が「写真展」(30日まで・東御市の道の駅雷電くるみの里)
酒井さん写真展
   【酒井さんと展示作品(道の駅雷電くるみの里)】


酒井さん 写真展 富士山
   【富士山と浅間山】

酒井さん写真展作品 鏡池
   【鏡池】 

 東御市田中の酒井医院、酒井康弘院長(71)が東御市の道の駅雷電くるみの里で第5回写真展を今月30日まで開いている。

 「霧…出会った一瞬」をテーマに霧の中に現れた山や高原の静かで神秘的な作品A3判、24点を展示している。

 「霊峰」と題しての富士山と浅間山の色の対比、6月に撮影した朝の光のシャワーが霧に反射する作品。
 戸隠の紅葉をバックに鏡池に2羽のカモが白い線を残しながら泳ぐ風景、佐久穂町の北八ヶ岳の倒木にコケがむし周辺に霧が立ちこめる原生林。
 飯山の鍋倉では霧の中にブナの木がシルエットを描く作品など、酒井さんの豊かな感性がとらえた作品が展示されている。

 酒井さんは「霧の風景を撮影することはあまりないが、霧の中で偶然出会った写真があったので発表した」と話している。観賞に訪れた人は「清々しい四季や清涼な秋の風景が素晴らしく、楽しめました」と話している。
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 19:35 | ●とうみニュース ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000497809.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら