掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2015年06月30日
◆長野県事業「若鮭アカデミー」が上田市のHanaLab.常田を主会場に開く!上田市出身で建築学を学ぶ織弥生さんも発表!
若鮭アカデミー
   【上田市出身で建築学を学ぶ織弥生さんの発表】
     

 県内企業での新規事業を目指したり、起業を目指したりする若者が学び合う県事業「若鮭アカデミー」がこのほど、上田市のHanaLab.常田を主会場に開かれた。

 県内企業と県出身の若者のマッチングなどに取り組む一般社団法人信州若者会議(児玉光史代表)が県委託で開催。
 県内出身で首都圏の大学などに通う学生や県下にIターンした若者ら15人が参加した。

 初回テーマは「空き家問題」。まず全国の先進事例について推進者の話を聞き、同市や東御市、長野市の企業を見学し、それぞれ空き家を活用した事業構想などをまとめた。

 HanaLab.常田で参加者の発表=写真=があり、上田市出身で建築学を学ぶ織弥生さんは「空き家の概念を変え、空き家提供による人の夢の実現につなぐ仕事がしたい」として「不動産関連で建築設計にも携われる仕事に就きたい」などと思い描く将来を発表。祖母の家が上田市内にあるという橋本真里さんは「建築を学んでおり、上田市内の企業に就職して空き家を活用する事業に取り組みたい。夏休みには市内企業について理解をより深めたい」などと発表した。

 若鮭アカデミーは本年度計5回を計画。第2回のテーマは「農産物の流通」で8月に開く予定。3回は「自然保育・自然教育」で10月の予定。
 問い合わせ(電話)0268・75・7644(同会議)
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 21:37 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000473017.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら