掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2015年04月03日
◆長野県議選、当選!石和大氏(50)=2期・無所属、東御市本海野= 「市民の考え集約し県政へ」
県議選石和氏(支持者と握手1)
県議選石和氏(支持者と握手2)
     【支持者と笑顔で握手を交わす石和氏】


 本海野の白鳥神社境内で出陣式を開き、集まった支持者ら約150人を前に2期目に向けた必勝を誓った。
 「議員の考えを正式に県政に届ける県議会一般質問が、なさなければならない責務。今後も市民の考えを集約し、県政につなぎたい」。同市のワイン用ブドウ産地化などについて「従来からの米や各種果樹、馬鈴薯なども伸ばし、融合させ農業振興、地産地消を推進させたい」との考えを表した。


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
 4月12日投開票の長野県議会議員一般選挙が3日告示され、上田市・小県郡区(定数4)、小諸市区(定数1)、東御市区(定数1)の3選挙区では、現職6人以外に立候補がなく無投票で再選が確定した。
 小諸・東御を除き、上田市での県議選無投票は、戦後に行った昭和22年以降で初。
 選挙戦がなくなったことで胸をなで下ろす雰囲気もあるが、ある陣営の幹部は「選挙をしなければ民意が分からない。立候補する若い人が出て来ないのは問題だ」と、「無投票=白紙委任」ではないという意識の引き締めと、政治離れを危ぐする声もある。
 実際、投票率は下がる一方で、昭和22年当時は90%を超えていたが、現在は50%を下回っている。
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
県議選石和氏(演説アップ)
県議選石和氏(演説来賓写し込み)
県議選石和氏(応援を聞く)
県議選石和氏(妻敬子さんとダルマ��
県議選石和氏(遊説開始)





 県下の少子化と人口減少対策、教育再生、健康長寿の推進などにも力を入れる必要性を説いた。

 長越修一選挙事務長(60)は「これまで4年間の頑張りが認められている。市内は湯の丸高原の高地トレーニング施設誘致が大事な局面。ワイン用ブドウ農地整備も進み地域の新たな特産品発展が期待されている」と語った。

 東御市出身、國學院大学国文学部卒。元東御市議会議員。県観光常任委員会副委員長。神職。
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 22:46 | 長野県議選2015 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000463610.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら