掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2015年04月03日
◆長野県議選、当選! 山岸喜昭氏(63)=2期・無所属、小諸市松井= 「起業しやすい環境づくり」
県議選告示・山岸
   【出陣式で選対・後援会役員らと気勢を上げる山岸氏(中央)】

県議選告示・山岸2



 山岸陣営では与良公会堂で神事、出陣式を行い、栁田剛彦市長らが出席。大勢に見送られて遊説行い、夕方2期目を祝った。
 山岸氏は「小諸はコンパクトシティに取り組んでいるが周囲から出遅れており、飛躍する4年にしたい。人口減少対策のため、補助金などで起業しやすい環境づくり、子育てする若者が住みたくなる支援充実が必要」と語った。


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
 4月12日投開票の長野県議会議員一般選挙が3日告示され、上田市・小県郡区(定数4)、小諸市区(定数1)、東御市区(定数1)の3選挙区では、現職6人以外に立候補がなく無投票で再選が確定した。
 小諸・東御を除き、上田市での県議選無投票は、戦後に行った昭和22年以降で初。
 選挙戦がなくなったことで胸をなで下ろす雰囲気もあるが、ある陣営の幹部は「選挙をしなければ民意が分からない。立候補する若い人が出て来ないのは問題だ」と、「無投票=白紙委任」ではないという意識の引き締めと、政治離れを危ぐする声もある。
 実際、投票率は下がる一方で、昭和22年当時は90%を超えていたが、現在は50%を下回っている。
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


 地域課題として
 ▽141号早期4車線化促進
 ▽農業大学校研修部の施設改修
 ▽水源地保全で現地調査
 ▽銀座NAGANOでマスコミ情報交換会・移住交流相談会ーなど。 

 選挙戦に向け準備を整えた掛川眞選対本部長は「1期目がんばったが2期目も気を引き締め、市と連携して小諸の活性化に取り組んでほしい」と語った。

 山岸氏は国士舘大卒。高峰高原ホテル経営。浅間連峰地区山岳遭難防止対策協会の救助で活躍。元小諸市観光協会長。佐久森林組合組合長。
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 22:46 | 長野県議選2015 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000463609.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら