掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2015年04月03日
◆長野県議選、当選! 高村京子氏(61)=5期・日本共産党、上田市中央北= 「安心できる医療、介護」
県議選 高村京子 必勝頑張ろう
  【「必勝頑張ろう」と拳を突き上げる高村氏(左から2人目)ら】

県議選 高村京子 第一声

 高村氏は上田市中央3の書店駐車場で出発式を開き、集まった支持者約130人を前に「社会保障の改悪で不安な思いを抱えている高齢者がいる。安心して医療や介護を受けられる長野県にしたい。県議会は日本共産党以外はオール与党で緊張感がない。県民の皆さんの願いを県政に届け、国にはっきり意見を言っていきたい」と第一声。議会改革や30人規模学級の拡大など4期12年余の実績をあげて支持を訴えた。



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
 4月12日投開票の長野県議会議員一般選挙が3日告示され、上田市・小県郡区(定数4)、小諸市区(定数1)、東御市区(定数1)の3選挙区では、現職6人以外に立候補がなく無投票で再選が確定した。
 小諸・東御を除き、上田市での県議選無投票は、戦後に行った昭和22年以降で初。
 選挙戦がなくなったことで胸をなで下ろす雰囲気もあるが、ある陣営の幹部は「選挙をしなければ民意が分からない。立候補する若い人が出て来ないのは問題だ」と、「無投票=白紙委任」ではないという意識の引き締めと、政治離れを危ぐする声もある。
 実際、投票率は下がる一方で、昭和22年当時は90%を超えていたが、現在は50%を下回っている。
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
 事務長の渡辺正博・上田市議らとともに会場に集まった全員で「必勝頑張ろう」と拳を突き上げて気勢を上げ、遊説カーに乗り込んだ。

 選対本部長の戸谷重義・日本共産党上小更埴地区委員長は「高村さんは正義感が強く行動力があり裏表がない。県政を身近にしてくれる人」と話す。

 更埴市(現千曲市)出身。長野赤十字高等看護学校を卒業し、看護師として勤務した。文教企業委員長など歴任。党県議団幹事長。
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 22:42 | 長野県議選2015 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000463605.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら