掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2015年03月20日
◆神川版画クラブが「作品展」を開催!「版画でみるうえだ」や年賀状、蔵書票のコーナーも設ける(22日まで・上田市材木町の市中央公民館)
神川版画クラブ作品展 上田市中央��
    【「朽」(右)などを展示した小林さん】

 神川版画クラブ(福澤永男会長)は22日まで、上田市材木町の市中央公民館で「第8回 作品展」を開いている。
 会員22人が木版やステンシルなど70点余を展示。
独鈷山や上田城跡公園など市内各地を題材にした「版画でみるうえだ」や年賀状、蔵書票のコーナーも設けた。

 また、今回は会員の同市住吉、小林俊子さん(90)の卒寿を祝うコーナーを設置。
 小林さんが60歳を過ぎてから版画を始め、県展初出品で入選した「尾瀬の春」(昭和61)など8点を展示した。砂を混ぜた絵の具で古木の質感を出した「朽」(平成11)など力作が並ぶ。

 小林さんは一昨年は左肩を、昨年は腰を骨折し現在もリハビリを続ける。腕に
力が入らず思うように制作は進まないというが、自宅のベッドから見た美ヶ原に落ちる真っ赤な夕日を版画で表現したいと構想を練っている。
 「版画は工程が多い分、仕上げた時の喜びは大きい。感じたことを作品に込めて作りたい」と制作意欲は旺盛だ。

 同市上田原の福澤会長(71)は「小林さんの存在は仲間の励みです」と話している。
 入場無料。展示時間は午前9時から午後5時(最終日午後4時)。
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 11:09 | ◆ 老舗 ◆ ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000462291.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら