掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2014年08月02日
◆東御市の道の駅雷電くるみの里「道の駅交流コーナー」を新設!他地域の道の駅と連携し、それぞれの魅力を発信! 長野県 東御市
くるみの里に道の駅交流コーナー
    【新設した「道の駅交流コーナー」=雷電くるみの里】

 東御市の道の駅雷電くるみの里(清水俊文駅長)はこのほど、他地域の道の駅と連携し、それぞれの魅力を発信しようと「道の駅交流コーナー」を新たに設けた。
 コーナーで紹介している道の駅は
 ▽道の駅雁の里せんなん「雁太郎」=秋田県美郷町
 ▽道の駅おばあちゃん市・山岡=岐阜県恵那市
 ▽道の駅花の駅千曲川=飯山市。市内や地域の特産品などの販売コーナーのうち棚2段、各3mほどを当て、それぞれの代表的な物産品を販売している。

 秋田県美郷町は「後三年の役」の合戦の舞台で、東御市と友好都市の東京都大田区との縁で市町、商工会同士の交流もある。雁の里からは特産のいぶり大根漬けなどを紹介している。

 おばあちゃん市は寒天のど飴など自慢の寒天加工品を紹介。

 花の駅はソバ粉と古代米の紫米で作った乾麺、そば粉と野沢菜の乾麺など特産品を置いている。

 清水駅長によると、これまで多くの道の駅の視察などを行い、相互に発展していくことに役立つよう情報も交換してきたという。「くるみの里は東御市を訪れる観光客らへの地域の情報発信に力を入れ、販売品の基本は農産物は地元産、特産品も地元や周辺地域産を大切にしている。交流する道の駅同士の相互PRも今後はより大事になると考え、特に縁がある3つの道の駅と物産を紹介しあうようにした」と話している。

 問い合わせ(電話)0268・63・0963(くるみの里)
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 15:00 | ●とうみニュース ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000446809.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら