掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2013年11月30日
◆NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の放映開始に合わせ「コレクション展」準備!漫画家・歴史研究家の本山一城さん=長野県長和町古町学者村= 
長和の漫画家本山さんと大河ドラマ��

 長和町古町学者村に住む漫画家・歴史研究家の本山一城さん(57)が、来年1月からのNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の放映開始に合わせた同町「菜の花館」でのコレクション展の準備を進めている。
官兵衛ゆかりの兵庫県姫路市で同時期に始まる資料展に、甲冑などコレクションを1年間貸し出すため、菜の花館はレプリカなどを出品予定。紹介の仕方を練っている。

 黒田官兵衛は、いみ名が孝高。戦国時代から江戸時代前期の武将・大名で、通称の官兵衛や、出家後の号の如水が有名。天文15年(1546)に、播磨国姫路で生まれた。

 豊臣秀吉に側近として仕え、竹中重治(半兵衛)と参謀の双璧をなし、天下統一に貢献した。大名となった黒田家は長男の長政が継ぎ、秀吉死後の関ヶ原の戦いでは徳川家康に従った。

 本山さんは、官兵衛の大河ドラマ化実現の活動に1978年から取り組んできた。
 「黒田の虎将・林掃部」の出版ほか、都内大手出版社の依頼による黒田氏関連記事の執筆など積極的に取り組み「播磨の黒田武士顕彰会」の顧問を務め運動を支えるなど、大河化に力を注いできた。

 母の家系が黒田官兵衛、長政家臣の精鋭「黒田二十四騎」の1人、林掃部直利の直系と中学生の頃に「家系図」で知らされたのをきっかけに、資料収集や黒田氏研究などをするようになった。甲冑や刀剣など武具はもとより、数え切れないほどの歴史的な文書などを集め、現在も研究を続けている。

 「ようやく念願の大河化。道のりは長かったがとてもうれしい。祖先の林掃部はもとは軽井沢の出身とされ、最初は武田氏に縁があった」。真田一族とも縁が浅くないことなど、地域の真田氏ファンなどにも、より深く知ってもらえる展示にしたいと考えている。
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 21:56 | ●長和町ニュース ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000430308.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら