掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用 おおら
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2011年11月10日
◆「ササキウッドワーク」=長野県長和町和田=が本格、ピザ窯を格安で販売! 一級建築士で大工の佐々木成司さん(45)が経営!
特集・佐々木さん①
【佐々木さん】

特集・佐々木さん③(ピザ窯)
  【製作、販売するピザ窯】

特集・佐々木さんフ

ID010057
   【コテージ】


 自らが考案した本格、ピザ窯の製作、販売を始めた「ササキウッドワーク」=長和町和田=を営む、一級建築士で大工の佐々木成司さん(45)は「知りあった人が財産」と話す。

ID010060
ID010097
ID010064
ID010073

 神奈川県横浜で生まれ育ち、大学卒業後に一級建築士として大手、ハウジングメーカーの住友林業に入社。設計などを専門に行ってきたが、元来、ものづくりが大好きで、自分の手で建物を建てたいという夢を持っていた。5年後に退社、ログハウスづくりを学ぶためにカナダに渡った。
 この時、支えになってくれたのが妻の水無子(みなこ)さん。一流企業での収入とこれからの収入を計算して心配していた佐々木さんに「そんなこと計算できないよ。やってみよう」と背中を押してくれた。
 カナダでは、著名なログハウスビルダーのアラン・マッキーさんの弟子、マイルス・ポーターさんに師事。自然での生き方を含め様々な事を学んだ。
 日本に帰った後、ログハウスづくりの仕事の中で偶然に旧和田村に来た。そこで、当時、同町大門の別荘地「ふれあいの郷」の管理人だった阪田槇喜さんと出会った。田舎の素晴らしい自然と暮らしの魅力など様々な事を学び、この場所で生活と仕事を営みたいと考えるようになった。
 平成8年頃に坂田さんの紹介で古民家を借りて暮らし始め、同時に「ササキウッドワーク」を設立した。無尽にも入り地元にも溶け込んでいる。
 その後、資財置き場などの作業場所が必要となり自らが住む家を建てる事を決意。阪田さんの紹介で、現在の場所の山林、農地の土地を取得、自らで木を切り井戸から水を引くなどして開拓、家とコテージを建てた。
 隣接するコテージは屋根に草を生やしグリム童話に出てくる家のようになっている。2階建ての母屋は居住部分を2階部分にし、1階部分を収納スペースとしている。2階室内のソファーの下などから階部分に入れるため、3人の子どもらは「地下秘密基地みたい」と喜んでいるという。暖炉の熱で暖めた水を床や壁の内部に設置した配管に通す「エコ暖房」で寒い冬も暖かく暮らしている。これらは全て自らが設計、施工した。
 また、現在、売り出し中のピザ窯は数年前に設計を開始。パソコンの3Dキャドソフトを使いながら、理想のドーム形状と煙突を含めた内部燃焼室の効率化を追求。試作機を得て、2年前に完成した。
 本格的な業務用で生地が厚めのナポリピザが焼けるのも魅力だ。デジタル温度計も備えている。窯の改良のために自らイタリアのナポリから取り寄せた粉を使ったピザを焼き、友人にも振る舞い好感触を得ている。
 すでに、同町和田のミヤシタヒルズに納品。近く佐久市の飲食店主が味を確かめたいとピザを焼きに来る予定だ。
 趣味でギターもつくり次はバイオリンづくりにもチャレンジするという佐々木さんは「とにかくものづくりが大好き。研究に研究を重ねた窯を一度、見に来てほしい。移動も可能なのでイベントのためにレンタルもしたい」と話している。
 価格は組み立てキットが70万円。施行は相談に応じるという。構造については自らがつくったホームページに詳しく記している。パソコンの検索サイト「ササキウッドワーク」で検索。また、家のリフォームなども行う。
 問い合わせ(電話)0268・88・2259
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 09:24 | ◆企業情報・新製品・新店舗オープン情報※飲食店除く ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000374527.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら