掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2011年05月02日
◆蚕養国(こがいのくに)神社、春の大祭2011 蚕糸業界の尊崇神として大星神社の摂社蚕養国神社を拡張増営して設置(昭和16年)  長野県 上田市
蚕養国神社 春季大祭 玉串奉奠
  【参加者らによる】

蚕養国神社 春季大祭 中垣教授
  【中垣教授】

蚕養国神社 春季大祭 木内博士
  【木内農学博士】

 上田市中央北の蚕養国(こがいのくに)神社でこのほど、春の大祭が開かれた。

 同神社奉賛会(笠原一洋会長)が主催。集まった関係者約40人が玉串を捧げて蚕都上田をしのび、各種産業の発展を祈願するとともに東日本大震災の被災地復興を祈った。
 同神社は昭和16年、蚕糸業界の尊崇神として大星神社の摂社蚕養国神社を拡張増営して設置され、以後毎年関係者が蚕糸祭を行ってきた。
 神事の後、特別記念講演会が開かれ、信州大学の中垣雅雄教授は試作中の靴下を示しながら「スパイダーシルクの靴下」と題して講演。農業生物資源研究所の木内信農学博士が「蛍光繭と蛍光生糸」について話し、遺伝子組み換えによって生み出した光る生糸を紹介した。
 笠原会長は「この地から蚕糸に関わる新しい産業を発信していきたいと願いながら祭を続けている」と話していた。 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 10:18 | ●とうみニュース ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000358078.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら