掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2010年01月29日
【LOOK!!】  「真田氏」観光施設!! 一富士跡地に!! 長野県  上田市
一冨士跡地 観光施設整備構想2
   【観光施設建設構想がある一冨士跡地=上田市中央2】

 上田市は中心市街地活性化基本計画に同市中央2の中心商店街の一冨士跡地に「戦国武将・真田氏をテーマにした」観光施設を整備する構想を盛り込んだ。同施設を「商業と観光の結節拠点」として位置づけ、上田城跡公園や商店街を結んで中心市街地の活性化を図る。同基本計画は、1月末に国へ申請予定。
一冨士跡地 観光施設整備構想

 構想では「大手門地区整備事業」として同跡地の周辺地を含めた約3000㎡にマンションと観光施設の建設、緑地広場を整備する。同跡地(約1300㎡)はマンション分譲などの大成産業(長野市)が所有しているが、市産業開発公社(理事長・石黒豊副市長)が購入する。基本計画では、観光施設には真田をテーマにした資料展示や、グッズ販売、喫茶コーナーを設ける。市や公社、商工会議所の関係者によると、公社が施設を建設し、市も出資予定のまちづくり会社が運営することも「選択肢の1つ」とするが、施設規模や事業費、運営主体は未定。公社関係者は「調整事項が済めば22年度中に土地取得の予算を計上したい」としている。
 マンションは、店舗(エムケイ商事・カワイ薬局)や貸ホール(ほかり)がある跡地北側隣接地へ移して建設する考え。地権者の1人は「整備計画があることは承知している。具体的な計画を見たうえで(大成産業への土地売却を)判断したい」と話す。
 緑地広場は中央2交差点側に450㎡を市が整備する。3つの事業の実施時期は観光施設とマンションが平成23年度から、緑地広場は22〜23年度としている。
 基本計画では中心市街地活性化のテーマを「400年の歴史を超えた城下町ルネッサンス」として位置づける。国の認定を受けると事業によって最大3分の2の補助を受けられる。
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 12:09 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000313143.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら