掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2010年01月29日
◆「そば菓子工房」の建築工事を開始!! <社会福祉法人「しあわせ」・障害者支援事業所「クロスロードあおき」=青木村田沢=>   長野県  青木村
クロスロードあおき・そば菓子工房��

 社会福祉法人しあわせ(本部・千曲市)は、このほど運営する青木村田沢の障害者支援事業所「クロスロードあおき」=湯原正行所長=に建設する「そば菓子工房」の工事に着手した。同工場は、同村産そば粉を使った焼き菓子を製造、販売する。

 建物は現施設に近い村文化会館北側にあるコンテナハウスに増築する形で、3月末までに完成させる予定。機械の導入、利用者の研修などを経て、秋のオープンを目指している。建築費には県補助金(約1800万円)が充てられる。
 クロスロードあおきは平成20年11月に開所。現在は主に村民から寄せられた古布で草履を作り、道の駅あおきの農産物直売所で販売している。施設が手狭になったほか、新たなオリジナル商品開発が課題だった。
 同村でも減反の休耕田を中心にそば栽培が盛んなため、そば粉の付加価値を付けやすい焼き菓子に着目した。村の新名物の土産品として、工房内店舗や農産物直売所のほか、そば店などで販売する計画。
 湯原所長は「障害者の働く場を新たに整備すると同時に、そば菓子を青木村の新しい名物にすることで、お世話になっている青木村の活性化に寄与することができると思います」と話していた。
 現在の利用者は青木村5人、上田市7人の合計12人。定員は20人のため、希望者の受け入れはまだ可能だという。問い合わせ(電話)0268・49・0604
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 11:12 | ●青木村ニュース ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000313138.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら